トロンボーンの楽譜を500曲近く扱ってます

【トロンボーン用無料楽譜】シューベルト即興曲 Op.142-3-Schubert Impromptu op. 142 No.3 B flat major-Trombone sheet music

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

同じ曲の
アルトサックスの楽譜のページ
フルートの楽譜のページ
トロンボーンの楽譜のページ
トランペットの楽譜のページ
へ飛ぶ

シューベルト略歴

フランツ・ペーター・シューベルト(ドイツ語: Franz Peter Schubert[1], 1797年1月31日 – 1828年11月19日)は、オーストリアの作曲家です。ここでは、幼少期のシューベルトをご紹介します。

フランツはウィーン郊外のリヒテンタールで生まれました。メーレン(モラヴィア)から移住したドイツ系植民の農夫の息子である父のフランツ・テオドールは教区の教師をしており、母エリーザベト・フィッツは結婚前ウィーン人家族のコックをしていました。

成人したのは長男イグナーツ(1785年生まれ)、次男フェルディナント(1794年生まれ)、三男カール(1796年生まれ)、次いで第12子のフランツ、娘のテレジア(1801年生まれ)でした。父はアマチュア音楽家で長男と次男に音楽を教えていました。

フランツは5歳の時、父から普通教育を受け始め、6歳の時リヒテンタールの学校に入学しました。この頃、父は末の息子のフランツにヴァイオリンの初歩を、また長男イグナーツにピアノを教え始めます。フランツは7歳頃になると父親の手に余るほどの神童振りを発揮し始めたため、父親はフランツをリヒテンタール教会の聖歌隊指揮者ミヒャエル・ホルツァーの指導する聖歌隊に預けることにしました。

ホルツァーは主として感動表現に主眼を置いて指導したといいます。仲間の徒弟たちはフランツの音楽的才能に一目を置き、当時演奏家として聴衆に注目されなければ作曲家としての成功の機会は無いという時代であったので、聖歌隊建物に隣接するピアノ倉庫にしばしばフランツを案内して、ピアノを自由に練習できるように便宜を図ってくれました。そのおかげで、貧しい家庭であればけっして触れられなかったような良い楽器で練習・勉強することができたのです。11歳ぐらいの時から、本格的に音楽を学ぶという方向に行くことになり、道が開けていきます。

楽譜のほうは、前半は穏やかな曲ですが、後半はなかなかいい練習になると思います。何度か触れましたが、自分の実力にあった曲を選んで練習するのが楽しくて、継続できると思うので、あげています。

Franz Schubert, Impromptu in B flat major Op.142 No.3 (1/2)

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

Copyright© トロンボーン無料楽譜のページ , 2015 All Rights Reserved.