トロンボーンの楽譜を500曲近く扱ってます

【トロンボーン用無料楽譜】童謡『七つの子 』(a Japanese Nursery Song “Nanatsunoko”)Trombone sheet music

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

同じ曲の
アルトサックスの楽譜のページ
フルートの楽譜のページ
トロンボーンの楽譜のページ
トランペットの楽譜のページ
へ飛ぶ

7歳の子なのか、7匹のカラスの子なのか

『七つの子』の7は7歳の子なのか、7匹のカラスの子なのか、という論争があるといいます。私は個人的には、普通にかわいい7歳の子を指していると思うのです。カラスの子でも、7歳のカラスでもないはずと思います。

「7歳説」への有力な手がかりとして、野口雨情(作詞者)記念館の館長である雨情の孫娘が主張する、雨情の息子(つまり館長の父親)がこの歌のモデルであり、その息子が7歳のころに作られた歌であるという事実があります。これは身内による主張であるため、説得力があるとする見方が存在します。

また、7歳という年齢は野口雨情自身が母親と別れた年齢と合致することから、そこに関連性を見出す説もあります。

また、この歌の元歌である「山烏」という詩が、1907年頃に作られており、その中でも「可愛(かわい)七つの、子があれば…」と書かれていることからも野口雨情自身の母への思慕の情や実体験からくる子供への思いが歌のなかで「七つ」という言葉が一つのキーワードとしてあてられているのではないかと思われています。

昨年、埼玉でたくさんカラスが死んでいるということで話題になりましたが、それが冬場でしたので、エサが不足してきて、若いカラス(巣立ったカラス)が乗り切れずに死ぬということは毎年あるのだそうです。昔はそんなことは常識で、そのことを前提に作られた歌だったりして…。

演奏例

【童謡】七つの子 ~ 夕焼け小焼け / Nanatsu no Ko – Yuyake Koyake 夕やけ小やけ

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

Copyright© トロンボーン無料楽譜のページ , 2015 All Rights Reserved.