トロンボーンの楽譜を500曲近く扱ってます

【トロンボーン用無料楽譜】レハール「金と銀」(Lehar Gold and Silver Waltz)Trombone sheet music

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

同じ曲の
アルトサックスの楽譜のページ
フルートの楽譜のページ
トロンボーンの楽譜のページ
トランペットの楽譜のページ

へ飛ぶ。

作曲者に降りかかった不幸

この曲(1902年)とは直接関係ありませんが、この曲ができてからそうとうあとから、ナチスの影がヨーロッパを覆います。

ちょうど作曲家のレハールが住んでいたところがオーストリアで、その後ナチスドイツに併合(1938年)されます。さらに、もう晩年になっているのですが、レハールの妻がユダヤ人であるということが、問題だったわけですが、何とか不問に付されていました。

理由は、ヒトラーがレハールの『メリー・ウィドー』が好きだったからだといわれていて、事実、レハールはスコアーをヒトラーに贈っているのだそうです。

しかし、いいことだけではありません。

作曲の関係で知り合っている人物に、ユダヤ人がいて、レハールを頼りに収容所送りになることがないように働きかけます。しかし、レハールがその願いを行動に移すことで、かえってその本人は収容所送りになるというとてもショッキングなことが起こるのです。

そして、戦争が終わって、ヒトラーと知り合いであったことなどから、批判の的になるなど、悲しい運命となります。1948年、オーストリアの地で亡くなっています。
トランペットのほうとは別に、ここでは原曲もご紹介しておきます。

演奏例

Franz Lehar- “Gold und Silber”,Walzer (Springtime In Vienna 98)
動画の1分30秒ぐらいからです。

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

Copyright© トロンボーン無料楽譜のページ , 2015 All Rights Reserved.