トロンボーンの楽譜を500曲近く扱ってます

【トロンボーン用無料楽譜】グリーグ「山の魔王の宮殿にて」(In the Hall of the Mountain King by Grieg)

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

同じ曲の
アルトサックスの楽譜のページ
フルートの楽譜のページ
トロンボーンの楽譜のページ
トランペットの楽譜のページ
へ飛ぶ

曲の由来

『ペール・ギュント』はイプセンが1867年に書いた作品です。高校の世界史なんかで、イプセンについては知っていましたが、なかなか内容までは知らないと思います。内容に関しては、フルートのところに書いてあります。

元は上演を目的としないレーゼドラマとして書かれましたが、その後イプセンはこれを舞台で上演することにしました。本来は舞台向きでないこの作品の上演に当たって、イプセンは音楽によって弱点を補うことを考えていました。そこで1874年に、当時作曲家として名を上げつつあった同国人のグリーグに、劇音楽の作曲を依頼したということです。

グリーグは自分の作風が小品向きであり、劇的でスケールの大きな舞台作品には向かないと考えていて、一旦は依頼を断わろうともしましたが、報酬と、民族的な題材への作曲に興味を引かれたこともあり、作曲を引き受けることにしましたた。作曲は同年に開始したが難航し、翌1875年に完成しました。

『ペール・ギュント』の舞台上演は1876年2月24日、クリスチャニア(現オスロ)の王立劇場で初演が行われた。音楽の指揮はヨハン・ヘンヌムによる。上演は、イプセンの狙い通りに音楽のおかげもあって成功を収めたが、一方で近代性を備えた風刺的なイプセンの戯曲に対してグリーグの音楽がロマンティックに過ぎることへの批判もあったそうです。

演奏例

George Roberts – In the Hall of the Mountain King
当たり前ですが、音程がいい。この辺が決定的に違うなあという感じです。2,3,4番あたりが妙に流れてしまうのが、アマでは多いように思います。
B♭トランペットのページに音源などあります。また、Cのところに曲のもともとのストーリーのリンクも貼ってあります。

In the Hall of the Mountain King (Peer Gynt) by Edvard Grieg
≪関連曲の楽譜≫
組曲『ペール・ギュント』よりアニトラの踊りの楽譜はこちらから
組曲『ペール・ギュント』より『朝』の楽譜はこちらです
組曲『ペール・ギュント』より『ソルヴェーグの歌』の楽譜はこちらです。

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

Copyright© トロンボーン無料楽譜のページ , 2015 All Rights Reserved.