奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【アルトサックス用無料楽譜】シュトラウス(II)『南国のばら』(StraussII_Rosen aus dem Suden)Altosax sheet music

 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

同じ曲の
trumpet sheet music page
Flute sheet music page
Altosax sheet music page
Trombone sheet music pageへ飛ぶ

西欧でのバラの意味

ばらは西欧ではギリシャ・ローマ時代からずっとテーマにされ続けている花です。日本ではそれほどもてはやされたりはしないのですが、日本の今の時期ですと、アジサイ的な感じと、春先の桜の感じが合わさったようなものなのなのでしょう。曲からのイメージとしては、南国イタリアの風にそよぐようなバラの花があるように思います。
もっと詳しくバラをたどっていくと、ギリシャ時代にその記述は始まります。そして、エジプトのクレオパトラがこよなくバラを愛していたということもあり、その後、ローマ帝国の中にもブームが来ます。そして、皇帝ネロはバラ狂いといわれるほど趣向を凝らして、バラにのめりこんだといいます。時代は下って、十字軍の遠征により、小アジアのバラの品種がヨーロッパ全域に広がりました。その後、中世に至ると、そのバラに特殊な意味を込めるようになります。つまり、マリアの血としてのバラ。そんなことで、教会でしか栽培できないような位置づけを与えられ、一般的なものでなくなります。やはりそのほかの風俗同様、ここで、ルネッサンスの時に再び、バラが解放されます。そして、19世紀になって飛躍的に栽培方法と品種の拡大が起こり一大ブームになったのでした。そんな西欧社会とバラの関係があったわけです。

演奏例

南国のバラ♪ピアノ演奏/上園賢一☆J.Strauss

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2016 All Rights Reserved.