奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【アルトサックス用無料楽譜】サンサース作曲『白鳥』(Saint Seans Swan)Altosax sheet music

 

サブカテゴリーの楽曲リストへ飛びます
基本的に50音順のリンクリストです




この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

どんな曲?もっと詳しい楽譜を動画で


同じ曲の
trumpet-sheet-music page
flute-sheet-music page
altosax-sheet-music page
trombone-sheet-music pageへ飛ぶ

サン・サーンスの略歴

サン・サースはユダヤ人を遠祖に持つともいわれる官吏の家庭に生まれます。モーツァルトと並び称される神童タイプで、2歳でピアノを弾き、3歳で作曲をしたと言われています。また、10歳でバッハ、モーツァルト、ベートーヴェンたちの作品の演奏会を開き、16歳で最初の交響曲を書いています。

1848年に13歳でパリ音楽院に入学して作曲とオルガンを学びます。やがて作曲家兼オルガニストとして活躍しました。特にオルガンの即興演奏に素晴らしい腕を見せ、1857年に当時のパリのオルガニストの最高峰といわれたマドレーヌ教会のオルガニストに就任します。1871年にはフランス音楽普及のために、フランク、フォーレらとともに国民音楽協会を設立しました。

1881年にはアカデミー会員に推薦され、57歳の1892年にはケンブリッジ大学から音楽博士の称号を贈られました。1913年78歳でサン=サーンスは、最高勲章であるグラン・クロワも贈呈されています。

輝かしい功績に恵まれていたサン=サーンスは、1921年にアルジェリア旅行中に86歳の生涯を閉じました。サン=サーンスの葬儀は、その多大な功績に相応しく国葬で執り行われました。

楽譜をアルトサックス用に入れ替えました。

演奏例

サン・サーンス 「白鳥」 演奏:アルト・ノラス

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2015 All Rights Reserved.