【無料楽譜】イワーノフ「酋長の行列」( Procession of the Sardar )

行進曲集

楽譜のご紹介

作曲者のミハイル・ミハイロヴィチ・イッポリトフ=イヴァノフ(ロシア語: Михаи́л Миха́йлович Ипполи́тов-Ива́нов、Mikhail Mikhailovich Ippolitov-Ivanov, 1859年11月19日 – 1935年1月28日)は、ロシアの作曲家・指揮者・音楽教師でした。

サンクトペテルブルク郊外のガッチナで生まれました。ペテルブルク音楽院でリムスキー=コルサコフに師事。卒業後はグルジアの首都チフリスに移り、新設された音楽学校の校長をつとめました。

1893年からはピョートル・チャイコフスキーの推薦によりモスクワ音楽院で教鞭を執り、1905年から1922年まで院長を務めています。また1925年からはボリショイ劇場の指揮者としても活動しました。主要な門人にセルゲイ・ワシレンコとレインゴリト・グリエールがいます。モスクワにて亡くなっています。

歌劇と管弦楽曲、室内楽曲と多数の歌曲があります。作曲様式はリムスキー=コルサコフに多くを負っています。それらは、こんにち滅多に演奏されませんが、ここで取り上げている「酋長の行進」が有名な管弦楽組曲《コーカサスの風景》作品10(1894年)は別で、今でも演奏されています。

組曲『コーカサスの風景』[1]( – のふうけい、露: Сюита «Кавказские эскизы»)作品10はミハイル・イッポリトフ=イワノフが1894年に作曲した組曲『コーカサスの風景』の全4曲中の第4曲「酋長の行列」(露: Шествие сардар)です。演奏時間は約20分。

Advertisements

またオリエンタルな感じの曲です。かんたんな曲ですが、雰囲気はあります。オリエンタルな感じではありますが、作曲家自体は、ロシア人です。

サルダール(сардар(сердар))は中近東諸国の軍総司令官を指します。勇壮さと東洋的な侘しさを合わせ持つ行進曲で全曲の中でも特に親しまれている曲です。ピッコロとファゴットで奏されるメロディが、クラリネットの東洋的なメロディと溶け合い、勇壮に終わります。

作曲家のイワーノフはいろいろ勉強して、この楽曲を作ったようです。中央アジアのもっとロシアよりのところの民族音楽を研究していたようです。

トランペット楽譜

トロンボーン楽譜

アルトサックス楽譜

フルート楽譜

演奏例

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました