奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【トロンボーン用無料楽譜】河村光陽作曲『仲良し小道 』(japenese nursery song “Nakayoshikomichi”)Altosax sheet music

 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介


同じ曲の
trumpet sheet music page(トランペット用楽譜のページ)
Flute sheet music page(フルート用楽譜のページ)
Altosax sheet music page(アルトサックス用楽譜のページ)
Trombone sheet music page(トロンボーン用楽譜のページ)へ飛ぶ

河村 光陽

作曲者の河村 光陽(かわむら こうよう、本名:河村直則、1897年8月23日 – 1946年12月24日)は、昭和期の戦前から戦中にかけて活躍した作曲家。長女は歌手の河村順子。

1897年(明治30年)福岡県田川郡上野村(現・福智町)の裕福な地主の家に生まれます。小倉師範学校を卒業後、地元の小学校で音楽教師をしていましたが、ロシア音楽、特に国民楽派に傾倒していた彼は、1920年モスクワでの音楽研究を夢見て朝鮮に渡りました。

しかし、当時のロシアは革命後の混乱期で、ゆっくり音楽の研究ができる状態ではなかったため、朝鮮にとどまり、師範学校や公立学校の音楽教師をして時を待ったのです。

1924年27歳で帰国。東京音楽学校選科(現・東京芸術大学大学院)で、音楽理論などを学びました。1926年頃から自作曲の発表やピアノ伴奏者としての活動を始めます。1929年から竹早小学校で音楽教師を務める傍らで、数多くの楽曲を発表。1931年に佐藤義美の難解な童謡詩「ほろほろ鳥」に曲をつけ、また1934年に佐藤作詞の「グッドバイ」を発表して世に認められます。

1935年4月にポリドール・レコードの専属作曲家となり、1936年にキングレコードの専属作曲家となったのを機に河村光陽と改名。音楽教師を辞めて作曲に専念するようになります。この年に発表した山野三郎作詞の「うれしいひなまつり」が大ヒット、翌1937年に武内俊子作詞の「かもめの水兵さん」と続く。武内俊子との「赤い帽子白い帽子」「りんごのひとりごと」「雨傘唐傘」「船頭さん」など後世に残るものを含め、千曲を越える童謡を発表。大半の楽曲は長女の順子歌唱によるレコードで発表されました。

この曲の『ランドセルしょって元気よく・・』というフレーズが好きです。昔の通学路は泥んこ道で、角から野良犬(放し飼いのバカ犬も)が出てくるという恐怖心と闘いながら、はらはらしながら通っていたという感じでした。当時の犬は番犬ですから、吠えるし、うえていてお行儀も悪い上に本能のままに行動するほぼ狼でした。

演奏例

仲よし小道   高橋 みさを

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2015 All Rights Reserved.