クラシックを中心とした400曲以上の無料楽譜です。

wind-note.com/flutesheetmusic

【フルート用無料楽譜】アメリカ民謡『リパブリック讃歌 』(The Battle Hymn of the Republic)Flute sheet music

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介


同じ曲の
アルトサックスの楽譜のページ
フルートの楽譜のページ
トロンボーンの楽譜のページ
トランペットの楽譜のページ
へ飛ぶ

曲の由来

元々のメロディはウィリアム・ステッフによって1856年に作曲された賛美歌「やあ、兄弟達よ、我らに会わないか(英語: Say, brothers, will you meet us)」だったと言われていますが、異論もあるようです。そして、この曲に詩をつけて、北軍の行軍歌としたのが、ジュリア・ウォード・ハウという女性でした。

しかし、この間に替え歌で、『ジョン・ブラウンの屍』という詩でも歌われていました。ジョン・ブラウンは狂信的な奴隷制度廃止論者であり、奴隷所有者に対し武力攻撃を仕掛ける過激な人物で、1859年にバージニア州の連邦武器庫の襲撃に失敗し捕えられ、同年12月2日に絞首刑に処せられた人物でした。その男をたたえる詞をつけて替え歌にしていたのです。北軍が行進しながら歌っていたのを聞いた際に、作詞者のジュリア・ウォード・ハウが新たな詩をつける必要性を感じ作ったということです。ちょうど、リンカーン大統領から北軍の演習に招待された帰り道で、北軍の兵士が歌うのを聞いた時だったということです。

アメリカの南北戦争の時の北軍への賛歌なのだそうです。詩の内容もどちらかというと、宗教色のあるものです。では、南軍は何があったかというと、『デキシー』です。すでに紹介済みです。また、北軍の他の曲で有名なのは、『ジョニーが凱旋する時』などです。

演奏例

Battle Hymn of the Republic

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

Copyright© フルート無料楽譜のページ , 2015 All Rights Reserved.