クラシックを中心とした400曲以上の無料楽譜です。

wind-note.com/flutesheetmusic

【フルート用無料楽譜】ドビュッシー子供の領分より『ゴリウォーグのケークウォーク』(Golliwogg’s Cakewalk Debussy”children’s corner”)Flute sheet music

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介


同じ曲の
アルトサックスの楽譜のページ
フルートの楽譜のページ
トロンボーンの楽譜のページ
トランペットの楽譜のページ
へ飛ぶ

子供の領分(こどものりょうぶん、原題:Children’s Corner)は、フランスの作曲家クロード・ドビュッシーが1908年に完成させたピアノのための組曲です。

その中の第6曲 が「ゴリウォーグのケークウォーク」 (Golliwogg’s Cakewalk)です。

本曲集の中で一番有名な曲であり、ゴリウォーグとは、フローレンス・アップトン(Florence Upton)の絵本(1895など)に出てくる黒人の男の子人形のキャラクターの名前で、ケークウォークは黒人のダンスの一種です。この曲は、西洋音楽とアフリカの黒人音楽の接触の初期の例としてしばしば挙げられます。ケークウォークの中間部では、ワーグナーの楽劇『トリスタンとイゾルデ』の冒頭部分が引用されています。

CMなんかでも時々流れるこの曲は、いつかは楽譜に落としてやろうと思っていましたが、そのままの音だと、トランペットではちょっときついので、万人向けに音を下げている部分があります。その分、汎用性のある楽譜になっていないと思いますので、楽譜の動画もつけておきます。

演奏例

Debussy’s “Golliwogg’s Cakewalk”, performed by Richard Tilling
結局、フルート用の楽譜を追加します。

Golliwogg’s Cake Walk : Claude Debussy (1862-1918) Arr. John Gibson
ちなみに、ケークウォークというダンスを説明している動画ありました。

Cake Walk (from History of Black Dance in America)

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

Copyright© フルート無料楽譜のページ , 2016 All Rights Reserved.