クラシックを中心とした400曲以上の無料楽譜です。

wind-note.com/flutesheetmusic

【フルート用無料楽譜】シャブリエ狂詩曲『スペイン』前半部分(Chabrier Espana (Spain) Rhapsody)Flute sheet music

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介


フルート用も作りました。

同じ曲の
アルトサックスの楽譜のページ
フルートの楽譜のページ
トロンボーンの楽譜のページ
トランペットの楽譜のページ
へ飛ぶ

作曲者の略歴

アレクシ=エマニュエル・シャブリエ(Alexis-Emmanuel Chabrier, 1841年1月18日 – 1894年9月13日)は、フランスの作曲家。狂詩曲『スペイン』の作曲者としてよく知られています。

オーヴェルニュ地方のアンベール生まれ、幼い頃からピアノや作曲に興味を示し、とくにピアノの腕前は天才といわれるほどでした。しかし、父親の強い勧めによってパリで法律を学び、内務省に就職しました。シャブリエは公務員生活を送る傍ら、フォーレやダンディら作曲家と親交を持ち、独学で作曲の勉強をつづけました。マネ、モネ、セザンヌら画家とも親しく、絵画の収集もしていたといいます。

1880年、ミュンヘンにおいて、ワーグナーの楽劇『トリスタンとイゾルデ』を観たことで、音楽の道に専念することを決意したといわれています。『トリスタンとイゾルデ』の動機を使った作品として、1886年にアンドレ・メサジェとの共作による4手のためのピアノ曲『ミュンヘンの思い出』が残されています。メサジェには、フォーレと共作した『バイロイトの思い出』(こちらは『ニーベルングの指環』を扱っている)という同趣向の作品もあります。

シャブリエは39歳で内務省を退職し、作曲家としての活動を本格的に開始しました。1888年にレジオンドヌール勲章のシュヴァリエ章を受賞しましたが、晩年は麻痺に苦しみ、1894年にパリで病没しました。シャブリエは死の床で、パッシー墓地のマネの墓の近くに埋葬してほしいと遺言していましたが、モンパルナス墓地に埋葬されました。

この曲は多分、大昔にNHKの音楽番組のオープニングで聞いたことがあると思うのですが、明確には記憶がありません。今回調べて、題名もはっきりし、作曲者も知ったわけで、意外と古い曲であることも知りました。もう150年近く前の曲で、19世紀の終わりに近い曲です。この時代はやたらとスペインの題材の曲が多く、一寸なぜなのか調べてみたい気になります。

演奏例

Emmanuel Chabrier – España (1883)

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

Copyright© フルート無料楽譜のページ , 2016 All Rights Reserved.