クラシックを中心とした400曲以上の無料楽譜です。

wind-note.com/flutesheetmusic

【フルート用無料楽譜】ブラームス作曲『交響曲第3番 第3楽章』 冒頭(Brahms SymphonieNo3Ⅲ)Flute sheet music

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

以前、B♭トランペット用はあげてありますが、他の調もつくりましたので、上げます。


フルート用にオクターブ上げたものもつけます。

同じ曲の
アルトサックスの楽譜のページ
フルートの楽譜のページ
トロンボーンの楽譜のページ
トランペットの楽譜のページ
へ飛ぶ

曲の由来

よく使われる場面は、悲劇のヒロインの劇的な過去を回想するシーンなんかに使われる、とても悲しい感じの曲調です。逆に考えると美女が似合う曲ということも言えなくもないかも。と思っていたら、まんざら外れていないのかもしれません。

ブラームス50歳を迎えた1883年、この夏をライン河に面した美しい保養地、ヴィースバーデンで過ごしました。ここでの休暇期間に作曲された重要な作品がこの交響曲第3番です。この作品の作曲過程で、ブラームスは友人のシュトックハウゼン主催の演奏会で26歳のコントラルト(現在のアルト)歌手のヘルミーネ・シュピースと出会います。この女性の歌唱の素晴らしさと女性としての魅力にブラームスは心を揺さぶられ、やがてシュピースを結婚の対象として意識するようになります。しかし、結婚まで踏み切ることはできなかった。1892年、シュピースは35歳の時、法律家と結婚するが、その翌年、ヴィースバーデンで急逝(きゅうせい)することになります。 彼の友人の日記によればブラームスは43歳の頃に、「結婚すればよかったと思うこともある。しかし適齢期のころは地位が無く、いまでは遅すぎる。」と語ったとのことであり、23歳も年下のシュピーネとは結婚は考えられなかったようです。意外に常識人です。

演奏例

Brahms: Symphony No. 3 / Rattle · Berliner Philharmoniker

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

Copyright© フルート無料楽譜のページ , 2015 All Rights Reserved.