クラシックを中心とした400曲以上の無料楽譜です。

wind-note.com/flutesheetmusic

【フルート用無料楽譜】ビゼー 歌劇カルメンより『ハバネラ』(Bizet Habanera)Flute sheet music

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介


(フルート用に楽譜を入れ替えるとともに、調もオリジナルのものに変えました。また、後半のほうに汎用性のある楽譜を残しておきました。)
同じ曲の
アルトサックスの楽譜のページ
フルートの楽譜のページ
トロンボーンの楽譜のページ
トランペットの楽譜のページ
へ飛ぶ

曲の由来

『ハバネラ』(Habanera)は、ジョルジュ・ビゼーによるオペラ『カルメン』の中で歌われるアリア。冒頭の歌詞から「恋は野の鳥」(仏:L’amour est un oiseau rebelle)の題名でも呼ばれています。

ビゼーは、セバスティアン・イラディエルのハバネラ “El Arreglito” をスペインの民族音楽と誤解して流用しました。半音階で下降するメロディーは、恋の気まぐれを歌った歌詞と調和しています。

第1幕でヒロインであるカルメンが歌い、これに合唱が加わります。前の曲の終わり(カルメンが登場するシーン)からそのまま繋がっているため、コンサート等で取り上げられる際には登場シーンから続けて演奏されることがあります。歌詞はフランス語です。カルメンは歌を最後まで歌い終わると、ドン・ホセに向かって花を投げ与えます。後に第2幕では、カルメンを逃がした罪による監禁を解かれ、酒場にやって来たドン・ホセがカルメンから受け取った花を大切にしていることを語った歌「花の歌」を歌う。

ビゼーのカルメンの中の曲でも特異な感じのする曲です。その他、いろいろあるカルメンの中の曲を聴くと、モダンタイムズという映画で、

演奏例

Charlie Chaplin – Modern Times (lyrics)がでたらめな言葉で歌ったあの曲を思い出します。

Habanera – Georges Bizet (flute – piano)

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

Copyright© フルート無料楽譜のページ , 2016 All Rights Reserved.