奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【トランペット用無料楽譜】ビジョルド作曲『エル・チョクロ』(”El choclo” “Kiss Of Fire” )Trumpet sheet music

 

サブカテゴリーの楽曲リストへ飛びます
基本的に50音順のリンクリストです




この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

同じ曲の
trumpet sheet music page
Flute sheet music page
Altosax sheet music page
Trombone sheet music pageへ飛ぶ

曲の由来

1903年にアンヘル・ビジョルド(Ángel Villoldo)が作曲したとされ、1905年11月3日にブエノスアイレスの高級レストラン「レストラン・アメリカ」にて初演されました。「エル・チョクロ」とはスペイン語で「とうもろこし」という意味であり、由来には諸説ありますが、不明です。

作曲者であるアンヘル・ビジョルド自身も歌詞をつけ、マランビオ・カタン(Marambio Catán)も歌詞をつけていますが、一番よく聴かれるのは、1946年にエンリケ・サントス・ディセポロ(Enrique Santos Discépolo)によって作られた歌詞です。この歌詞は、メキシコの喜劇映画『グラン・カジノ』のために、この映画に出演するリベルタ・ラマルケの申し出により、急遽作られたものです。

アメリカでは、ジョージア・ギプスやトニー・マーティン、フランキー・レイン、ルイ・アームストロングが、「キッス・オブ・ファイヤー」(Kiss of Fire)として英語でカヴァーしたということで、世界的に知られることになります。

演奏例

Angel Villoldo : El Choclo Tango for Orchestra – Stanley Black and His Orchestra

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2015 All Rights Reserved.