奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【トロンボーン用無料楽譜】ベルリオーズ作曲『ラコッツィ行進曲』(Berlioz Rákóczi March)Trombone sheet music

 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

同じ曲の
trumpet sheet music page
Flute sheet music page
Altosax sheet music page
Trombone sheet music pageへ飛ぶ

ハンガリーの英雄、ラコッツィ

『ラコッツィ行進曲』のラコッツィとは、ハンガリーの独立に寄与した英雄を言います。このラーコーツィ・フェレンツ2世はハンガリーではハンガリー独立の英雄として敬愛されていて、現在のハンガリーの貨幣であるフォリント紙幣にその肖像が飾られているほどです。その栄誉を讃えて作られたのが『ラコッツィー行進曲』です。この曲はベルリオーズの劇的物語『ファウストの劫罰』やリストのピアノ曲『ハンガリー・ラプソディ第15番』(1851)やその管弦楽編曲版『ラコッツィー行進曲』(1865)などで使用されて有名になりましたが、他国に支配されていた間、ハンガリーではその愛国的な雰囲気ゆえ演奏は禁止されていたそうです。

1703年、ハプスブルク家の統治に反発したハンガリー貴族が、ハンガリーの大貴族でセドミフラッツコの領主ラーコーツィ・フェレンツ2世を指導者として反乱を起こし、ハンガリーのほぼ全土を掌握しました。1705年、既にトランシルヴァニア公となっていたラーコーツィ・フェレンツ2世がハンガリー王に選出されます。しかし、いろいろ奮闘するも、ハプスブルク家に屈してしまったという歴史がありました。そういうことが民族の記憶として残りました。

ベルリオーズは1845-46年にオーストリア、ハンガリー、ボヘミア、シレジアなどを旅しまた。ベルリオーズの回想録によると、ウィーンの宿に秘密の特使が自分を訪ねてきて、ペストでの演奏会に集まる聴衆にために何か作曲してほしいと依頼があったと記されています。その時、革命的で反ハプスブルクの思想がのある音楽素材を手渡された、それが、『ラコッツィー行進曲』だったということです。ベルリオーズは滞在中に次の公演地であるペスト(当時は川を挟んで「ブダ」と「ペスト」に分かれていました)で演奏するために、ハンガリーに伝わるをオーケストラに編曲し、これを『ハンガリー行進曲』として一夜で書き上げます。ペストでの演奏会でこの出来上がったばかりの曲を指揮したところ、大喝采を博しました。そこで、ベルリオーズは旅行中に書き進めていた劇的物語『ファウストの劫罰』に取り入れるよう思いついたとされています。

演奏例

Rakoczi March – Hector Berlioz

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2015 All Rights Reserved.