無料の楽譜が500曲近く

【アルトサックス用無料楽譜】シュランメル 『ウィーンはいつもウィーン』(Wien bleibt Wien)Altosax sheet music

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介


(アルトサックス用に楽譜を入れ替えました)

(多分、原曲のキーの楽譜となります。)

同じ曲の
アルトサックスの楽譜のページ
フルートの楽譜のページ
トロンボーンの楽譜のページ
トランペットの楽譜のページ
へ飛ぶ

シュランメル音楽とは

オーストリアのヴァイオリン奏者ヨハン・シュランメル(Johann Schrammel, 1850-1893)作曲によるシュランメル音楽ということです。では、シュランメル音楽というのは、というと、19世紀後半にオーストリアの各地のワイン居酒屋ホイリゲや宿屋で演奏を行い人気を博していたシュランメル兄弟を中心として演奏された楽曲のスタイルで、その後のシュトラウス2世などにも影響があったといわれています。この音楽のベースにあるのは、オーストリアやハンガリー、モラヴィアなどの様々な民族音楽、民謡や行進曲、ワルツやポルカなどの舞曲などだといわれています。

演奏例

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

Copyright© アルトサックス無料楽譜のページ , 2015 All Rights Reserved.