無料の楽譜が500曲近く

【アルトサックス用無料楽譜】アメリカ民謡『朝日のあたる家』(The House of Rising Sun)Altosax sheet music

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介


同じ曲の
アルトサックスの楽譜のページ
フルートの楽譜のページ
トロンボーンの楽譜のページ
トランペットの楽譜のページ
へ飛ぶ

曲の由来

この曲はそのままメジャーな曲になったわけではなく、原型は1930年ごろからいろいろな形で存在し、メジャーだったものが、途中でマイナーに変わるなどの曲折を経て、現在の形になっています。

最初に取り上げた有名どころとしては、ボブ・ディランです。ボブ・ディランが、デビュー・アルバム『ボブ・ディラン』(1962年)の中でこの曲を取り上げ、真に迫ったボーカルで高く評価されました。

レコーディング前にクラブやコーヒー・ハウスで演奏していた時期からこの曲をレパートリーにしており、1961年9月のニューヨーク・タイムズに発表されたロバート・シェルトンによるコンサート・レビューでは、彼がこの曲を不明瞭な発声でうなったりすすり泣いたりしながら唄う様子が紹介されています。

アニマルズのバージョンがヒットすると、聴衆はディランにもアニマルズのようなアレンジで演奏することを求められたために、ディランはコンサートでこの曲を取り上げることを止めてしまいました。しかしディラン本人はアニマルズのバージョンを大変気に入っており、彼がロックサウンドを導入するきっかけの一つになったといいます。

演奏例

Ace Cannon – House of the rising sun

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

Copyright© アルトサックス無料楽譜のページ , 2015 All Rights Reserved.