無料の楽譜が500曲近く

【アルトサックス用無料楽譜】チャイコフスキー交響曲第6番『悲愴』第1楽章より(Tchaikovsky Symphonie No.6Pathetique1mov)

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

同じ曲の
アルトサックスの楽譜のページ
フルートの楽譜のページ
トロンボーンの楽譜のページ
トランペットの楽譜のページ
へ飛ぶ

最高のできばえの曲

チャイコフスキーは26歳から52歳までの間に12回のうつ病期を経験したといいます。

『悲愴』作曲時には過去を思い浮かべたのか、それとも当時もうつ病を患っていたのか、うつ的な精神状態を曲に反映させているのではないかという説があります。ドイツの精神科医ミューレンダールは、精神病院の入院患者に対して各種の音楽を聞かせるという実験を行ないましたが、悲愴を流した場合、特に内因性うつ病患者の症状が悪化し、患者によっては自殺しようとしたといいます。

チャイコフスキー自身は、最終楽章にゆっくりとした楽章を置くなどの独創性を自ら讃え、初演後は周りの人々に「この曲は、私の全ての作品の中で最高の出来栄えだ」と語るほどの自信作だったといいます。

演奏例

チャイコフスキー 交響曲第6番第1楽章
動画の4分10秒ぐらいから、この楽譜の部分になります。

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

Copyright© アルトサックス無料楽譜のページ , 2015 All Rights Reserved.