無料の楽譜が500曲近く

【アルトサックス用無料楽譜】乾杯の唄(Maine Stein Song)Altosax sheet music

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

以前、B♭トランペット用はあげてありますが、他の調もつくりましたので、上げます。


アルトサックス用に楽譜を入れ替えるとともに、他の楽器と調を合わせ、途中の転調も反映させました。

同じ曲の
アルトサックスの楽譜のページ
フルートの楽譜のページ
トロンボーンの楽譜のページ
トランペットの楽譜のページ
へ飛ぶ

曲の由来

「乾杯の歌」は日本では「盃を持て、さぁ卓をたたけ」という歌詞でドイツ民謡と言われていましたが、世界的には「Maine Stein Song」として、アメリカ合衆国メイン州立大学の校歌で知られています。「Stein」(スタイン)はドイツ語「Stein」(シュタイン、石の意味)経由で陶器製のビールジョッキを意味する英語俗語。 (ちなみにステンレスの語源と関係あるのかな?)

この歌はもともとE.A.フェンスタッド(E.A. Fenstad)が作った器楽曲で、彼はドイツのヨハネス・ブラームスの「ハンガリー舞曲」を聞いたのだろうという説もあります。 1902年のメイン州立大学の学生のアルバート・プレイグ(Albert Prague)がバーハーバー(Bar Harbor)でアルバイトをしている時に、このドイツ起源の行進曲「Opie」を聞き、それを書きとめたといわれていて、歌詞はプレイグの寮で同室のリンカーン・コルコード(Lincoln Colcord)が作ったということです。

現在の曲は、1921~3年にメイン州立大学へ通い、その後エール大学を卒業したルーディー・ヴァレーが作っています。彼は1929年にホストを務めたNBCラジオでこの歌を紹介して、翌年ビクターでレコード化しています。これは大変な人気となりました。この時点で、ドイツでもヨーゼフ・フロイデンタル(Josef Freudenthal )によるドイツ語歌詞も作られています。

日本語では昭和初期にカヴァーされました。 日本語歌詞の作者は不明。 また、日本ではNHK紅白歌合戦のオープニングテーマ(歌手入場曲)としても知られています。

演奏例

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

Copyright© アルトサックス無料楽譜のページ , 2015 All Rights Reserved.