奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【アルトサックス用無料楽譜】メンデルスゾーン作曲 『結婚行進曲』((Wedding March by Mendelssohn))Altosax sheet music

 

サブカテゴリーの楽曲リストへ飛びます
基本的に50音順のリンクリストです




この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

同じ曲の
trumpet sheet music page
Flute sheet music page
Altosax sheet music page
Trombone sheet music pageへ飛ぶ

『夏の夜の夢』(なつのよのゆめ、ドイツ語: Ein Sommernachtstraum)は、フェリックス・メンデルスゾーンが作曲した演奏会用序曲(作品21)及び劇付随音楽(作品61)です。いずれもシェイクスピアの戯曲『夏の夜の夢』が元になっている。中でも『結婚行進曲(英語版)』が非常に有名。

これは、ご存知のように、メンデルスゾーンの『真夏の夜の夢』の中の曲ですが、最近表記が代わったようで、真夏が、単に夏となって、『夏の夜の夢』となっていることが多いです。なぜでしょうか。まさか、五七五の七にこだわって、字余りになるので・・ということでもないはずなので、理由がわかりません。ここは、真夏でいいでしょう。誰かが、同名の曲を作ったせいでしょうか。このような例はたくさんあります。それは商業的には問題ないが、良いことではない。

と思っていたところ、
シェイクスピアの戯曲の原題“A Midsummer Night’s Dream”の訳語は古くから『真夏の夜の夢』が用いられており、メンデルスゾーンの序曲・劇音楽も同様でしたが、近年、戯曲に関しては『夏の夜の夢』に変わりつつあります。ただし、こうした変更はクラシック音楽の分野では文学や演劇の分野に比べて遅れがちなのが常であり、『夏の夜の夢』も例外ではありません。なお、メンデルスゾーンによるドイツ語の原題は、上記のとおり“Ein Sommernachtstraum”であり、直訳すると単に『夏の夜の夢』です。

なんだそうです。

演奏例

Wedding March [Saxophone wedding music at church]

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2016 All Rights Reserved.