奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【アルトサックス用無料楽譜】モーツァルト『フルート四重奏曲第1番ニ長調K285』 Quartett fur Flote und Orchester No.1 K.285

 

サブカテゴリーの楽曲リストへ飛びます

サブカテゴリーの楽曲リストへ飛びます

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク


(アルトサックス用に楽譜を入れ替えました)
1777年9月、21歳のモーツァルトは職探しの目的でパリへの旅行に行きます。その途中、長期間滞在したマンハイムには、当時のヨーロッパで有数の宮廷オーケストラがありました。モーツァルトはこのオーケストラへの就職を希望しましたが、成功するには至らなかった。

しかしモーツァルトは、このオーケストラの名フルート奏者ヨハン・バプティスト・ヴェンドリングという人物と親交を結ぶが、ヴェンドリングは、オランダの裕福な商人フェルディナント・ドゥジャン(ド・ジャンとも)をモーツァルトに紹介します。音楽愛好家で、自身もフルートを吹くというドゥジャンは、モーツァルトに200フローリンで「小さくて軽く短い協奏曲を3曲と四重奏曲を何曲か、フルートのために作って」くれるように注文しました。

少しでも収入が欲しかったモーツァルトはこれに応じ、結局出来上がったのはフルート協奏曲第1番、第2番(後者は旧作のオーボエ協奏曲の編曲)と3曲のフルート四重奏曲でした。しかし約束が違うというわけで、報酬は当初の話の半分以下の96フローリンにされてしまった。

この楽譜の4倍ぐらいの長さがある曲です。今後、後の分を上げるかどうか、ちょっと迷っています。出だしのところは有名ですが、そのあとのところは、フルートをやっている人以外はあんまり興味がないだろうということで、もしかしたらこれっきりになるかもしれません。

Mozart – Flute Quartet No. 1 in D, K. 285 [complete]

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2015 All Rights Reserved.