奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【トランペット用無料楽譜】ヴィヴァルディー『バイオリン協奏曲イ短調第1楽章』より( Vivaldi”Violin Concerto in A minor1″)Trumpet sheet music

 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介


同じ曲の
trumpet sheet music page
Flute sheet music page
Altosax sheet music page
Trombone sheet music pageへ飛ぶ

ヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲第6番イ短調RV356はヴィヴァルディが1711年に出版した合奏協奏曲集「調和の幻想」作品3の中に収められている作品です。

「調和の幻想(霊感)”L’estro armonico”」作品3は1~4本のヴァイオリンのために書かれた(部分的にはチェロも加わります)12曲から構成されている協奏曲集で、リトルネロ形式(全合奏で演奏される主題[リトルネロ]とリトルネロに挟まれた独奏楽器で演奏される部分から構成される協奏曲)に則って、急ー緩ー急という3楽章制の独奏協奏曲の形式を完成した作品です。

ちょっとまた長い楽譜になってしまいました。まるで教則本アーバンに出てくるような練習になりそうですが、それぞれのレベルに合わせて、部分的に練習できればいいのではないかと思います。少なくとも私は、そのつもりでそのようにやっていて、このブログもその意図のもとにやっています。

私の世代ということではないのかもしれませんが、少なくとも私は学校教育の中で、学ぶということが独立した内容のようにとらえてきたきらいがあります。ベビーブームの悪影響で、相当優秀な人は別に、たいていの人は、詰め込み型の受験勉強をしてきて、その成功体験であれ、失敗体験であれ、『知ること』=『できること』『わかったこと』という質(たち)となったように思うのです。今、思うことは、言葉で表現できないことが世の中にはたくさんあって、何度も何度も言語化し、体験を尽くしながらもわからないことが山ほどあるというふうに思います。若い時より、ずっと強く思います。

楽器の上達においても、その体験部分が基本練習の繰り返しになると思うのですが、その補助とするつもりで、楽譜を作っています。

演奏例

Vivaldi – Violin Concerto in A Minor 1st Movement RV 356 Op 3 No 6

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2016 All Rights Reserved.