奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【トランペット用無料楽譜】ヴィヴァルディ「四季」より『春』第1番(Vivaldi”The Four Seasons Spring 1st movement”)Trumpet sheet music

 

サブカテゴリーの楽曲リストへ飛びます

サブカテゴリーの楽曲リストへ飛びます

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

スポンサーリンク



動画の方で、記号などを補っていただければいいと思います。
同じ曲の
trumpet sheet music page
Flute sheet music page
Altosax sheet music page
Trombone sheet music pageへ飛ぶ

作曲者略歴と曲の由来

四季(イタリア語:Le quattro stagioni)は、イタリアの作曲家、アントニオ・ヴィヴァルディが作曲した4つのヴァイオリン協奏曲で構成されています。それらは1721年頃に書かれ、アムステルダムで1725年に出版され、さらに8つのヴァイオリン協奏曲(Il Cimento dell’armonia e dell’inventione)も出版されました。
四季はヴィヴァルディの作品で最もよく知られています。ヴィヴァルディは彼の音楽が求めていた季節の描写を、当時では珍しく、ヴィヴァルディ自身によって書かれた詩をつけて発表しました。これは、後でナレーション要素を伴うプログラム音楽と呼ばれているものですが、最も初期で最も詳細な例の1つとなっています。

ヴィヴァルディは、詩のテキストにあわせ自分の音楽を関連付けるために大きな苦労をし、詩的な行をページ上の音楽に直接翻訳していきました。 羊飼いが眠る春のコンチェルトの中間部分では、彼の吠える犬は、ビオラのセクションで表現することができました。他の自然発生も同様にひねり出しています。ビバルディは、各協奏曲を3つの楽章に分割しました。

楽譜はというと、春といえば、ヴィヴァルディーの四季のこの曲ということで上げましたが、ちょっと胡散臭い楽譜ではあります。でも、ただ、曲として聞くよりも楽譜を通して、自分の楽器で音を出して、また、曲を聴きなおすといろいろ発見があって楽しいということも私にはあります。難しい部分もありますので、そのうちに吹けるようになればいいかなと、・・・、そして、吹けるようになると、また楽譜の修正もあるのかもしれません。

演奏例

A.Vivaldi – La Primavera – Clarinet orchestra “Bruno Brun”

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2016 All Rights Reserved.