奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【アルトサックス用無料楽譜】ベルディ作曲、椿姫より『乾杯の歌』(Verdi Opera“La traviata”:Libiamo ne` lieti calici)

 

サブカテゴリーの楽曲リストへ飛びます
基本的に50音順のリンクリストです




この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

同じ曲の
trumpet sheet music page
Flute sheet music page
Altosax sheet music page
Trombone sheet music pageへ飛ぶ

曲の由来

ヴェルディが1852年、パリに滞在中、デュマ・フィスの戯曲版『椿姫』の上演を見て感激したのがきっかけで作曲したオペラです。ヴェネツィアのフェニーチェ劇場から新作の作曲依頼を受けていたために、翌1853年初めに比較的短時間で作曲したのが、このオペラ椿姫です。

初演当時は娼婦を主役にした作品ということで、イタリアの統治国側の検閲により道徳的な観点から問題視されましたが、ヒロインが最後に死ぬということで上演がゆるされたと言われるいます。
初演は1853年3月6日、ヴェネツィアのフェニーチェ劇場で行われました。しかし、準備不足(作品の完成から初演まで数週間しかなかった)などから、初演では聴衆からも批評家からもブーイングを浴び、歴史的大失敗を喫しました(蝶々夫人、カルメンと共に有名オペラの3大失敗ということがある)。しかし、翌年の同地での再演では入念なリハーサルを重ねた結果、聴衆に受け入れられることになります。その後も上演を重ねる毎に人気を呼び、今日ではヴェルディの代表作とされるだけでなく、世界のオペラ劇場の中でも最も上演回数が多い作品の一つに数えられています。

演奏例

Antonio Russo Esegue: Giuseppe Verdi – La Traviata – Preludio atto 1° e Brindisi.
世の中には多芸の方もいらっしゃるものだ。これは、是非とも披露したいと思うでしょう。動画の2/3あたりから楽譜のところが始まります。

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2015 All Rights Reserved.