奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【トランペット用無料楽譜】トルコ民謡『ウスクダラ』(Turkish Folksong Uska Dara)Trumpet sheet music

 

サブカテゴリーの楽曲リストへ飛びます

サブカテゴリーの楽曲リストへ飛びます

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

どんな曲?もっと詳しい楽譜を動画で


同じ曲の
trumpet sheet music page
Flute sheet music page
Altosax sheet music page
Trombone sheet music pageへ飛ぶ

曲の由来

これも、中近東色のある曲ですが、トルコの民謡だそうで、私自身も懐かしさを感じる曲でした。なぜかわからなかったのですが、江利ちえみさんが歌っていたようです。多分、ラジオで聞いていたのだと思います。

この歌は、ユスキュダル(イスタンブールの一部)へと旅していく女性とその秘書についての物語を歌ったトルコの民謡「キャーティビム (Kâtibim)」に基づいています。

スポンサーリンク

話せば長いお話です。トルコはいち早く近代化を目指したイスラム圏の国であったことは知られていることです。そんなオスマン帝国のスルタン(皇帝)マフムト2世は、歩兵部隊の再編をプロイセンの軍事顧問に任せていましたが、海軍の一部はイギリスの専門家に任せていました。同様の西洋化志向から、スルタンは軍服を西洋風に改めるよう命じていました。この辺は日本と同じです。
その跡を継いだアブデュルメジト1世は、暴力を用いることなく、父が始めた改革を推し進め、キャーティップ (Kâtip) と称された書記(下級役人)たちにも、服装を西洋化するよう命じます。イスタンブールの保守的な役人たちは、この措置を「異教徒の猿芝居」だと不平を言いながらも背広の上着を着るようになりました。

クリミア戦争(トルコ、イギリス、フランス対ロシアのバルカン半島領土争奪)の最中、セリミエ兵舎 (Selimiye Barracks) の軍病院はイギリス軍専用となっていました。イギリス陸軍スコットランド旅団の隊員がキルト姿でいるのを見たイスタンブールの人々は、「donsuz asker(パンツをはかない兵士)」と、彼らのことを呼んでいました。

あるイスタンブール市民は、セリミエ兵舎がユスキュダルへ通じる道路に面していたことから思いついて、役人たちを嘲るために、スコットランド旅団の軍楽行進曲をもとに、「Üsküdar’a giderken(ユスキュダルへ行く)」と題した歌を作ったのです。そういえば、リズムだけはスコットランドのバグパイプにそっくり。

演奏例


トルコ イスタンブルの猫 ウスクダラ 江利チエミ… 投稿者 browdistressed
発売が1954年だそうです。テレビ放送の翌年ですから、まだまだテレビで見ることはなかったということです。

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2015 All Rights Reserved.