500曲近い楽譜が無料公開

【トランペット用無料楽譜】ドビュッシー子供の領分より『ゴリウォーグのケークウォーク』Trumpet sheet music

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

同じ曲の
アルトサックスの楽譜のページ
フルートの楽譜のページ
トロンボーンの楽譜のページ
トランペットの楽譜のページ
へ飛ぶ

曲の由来

子供の領分(こどものりょうぶん、原題:Children’s Corner)は、フランスの作曲家クロード・ドビュッシーが1908年に完成させたピアノのための組曲です。

この作品は当時3歳だったドビュッシーの娘クロード・エマ(愛称 “シュシュ” Chouchou)のために作曲されました。この作品は子供に演奏されることを意図したものではなく、あくまでも大人が子供らしい気分に浸ることを目的とした作品です。この点において、シューマンの『子供の情景』とも通じる精神があります。

『子供の領分』は、6つの小品からなる組曲であり、英語のタイトルが付されています。1905年、ドビュッシーは前妻リリー・テクシエと離婚し、銀行家夫人だったエマと駆け落ち同然に再婚します。そしてその年、一人娘のクロード・エマが誕生。43歳にして初めて授かったこの子を、ドビュッシーは溺愛しました。この作品は、彼女に捧げられています。題名が英語表記なのは、エマ夫人の英国趣味に影響されたものと言われています。

1908年、デュラン社から出版され、その年の12月18日、パリにてハロルド・バウアーによって初演されました。1911年、アンドレ・カプレによってオーケストレーションがなされ、その年の3月25年にその初演が行われました。楽譜は第6曲目にあたります。

結構コミカルな感じで始まる曲ですが、初めの方だけになります。途中もいろいろチャレンジしたのですが、難しいのであきらめました。最近の日本のPOPSにありがちなさびがちょっとわずかで、あとは、まるで無駄話をしているような曲ではありません。私が拾えないところがいっぱいあって、出来ないだけです。

演奏例

Debussy – Golliwog’s Cakewalk (Brass Trio)

Golliwogg’s Cakewalk for Trumpet Quintet by V.Valerio & P.Trettel

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
スポンサーリンク

Copyright© トランペット無料楽譜のページ , 2016 All Rights Reserved.