500曲近い楽譜が無料公開

【トランペット用無料楽譜】ウィリアムズ『ベイズン・ストリート・ブルース』(Basin Street Blues)

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

同じ曲の
アルトサックスの楽譜のページ
フルートの楽譜のページ
トロンボーンの楽譜のページ
トランペットの楽譜のページ
へ飛ぶ

曲の由来

「ベイズン・ストリート・ブルース」(英語: Basin Street Blues) は、スペンサー・ウィリアムズ作曲の、ディキシーランド・ジャズ・バンドのレパートリーとしてよく演奏される曲のひとつ。1926年に発表され、1928年のルイ・アームストロングの録音で有名になりました。”Won’t you come along with me/To the Mississippi…” で始まる有名なヴァースは、後にグレン・ミラーとジャック・ティーガーデンとにより付け足されたものです。

曲名のベイズン・ストリートは20世紀初期にニューオーリンズのフレンチ・クオーターで悪名高い歓楽街として知られた、ストーリーヴィルの目抜き通りを指します。ベイズン・ストリートが歓楽街になったのは1870年頃です。

この曲を聴くと、まず、懐かしさを感じます。出だしのところから、次の展開がどうなるかという期待感がわいてきます。50年代、60年代には、ルイ・アームストロングをはじめとするプレヤーが海外ツアーを盛んに行っていたようですが、その影響でラジオなどから耳にすることがあったのだろうと想像しています。3番目の動画のマルサリスの演奏も見ものだと思いますが、古いルイ・アームストロングの演奏も、これこそジャズの元みたいな感じがします。

演奏例

Louis Armstrong – Basin Street Blues – 1964

Louis Armstrong – Basin St Blues-1928


Shirley Horn and Wynton Marsalis – Basin Street Blues

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
スポンサーリンク

Copyright© トランペット無料楽譜のページ , 2016 All Rights Reserved.