500曲近い楽譜が無料公開

【トランペット用無料楽譜】インディアナに帰ろう(Back Home Again In Indiana)Trumpet sheet music

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

同じ曲の
アルトサックスの楽譜のページ
フルートの楽譜のページ
トロンボーンの楽譜のページ
トランペットの楽譜のページ
へ飛ぶ

曲の由来

インディアナに帰ろう “(Back Home Again in) Indiana”はジェイムス・エフ・ハンリー(James F. Hanley)作曲、バラード・マクドナルド( Ballard MacDonald)作詞で、1917年1月に発表されました。インディアナ州の州歌ではありませんけれども、多分、インディアナに寄与している最も知られた曲です。
一般的には、インディアナで通ずる題名で、これも古い曲です。私が中学生ぐらいの時に、この楽譜があって、吹いていました。全音から出ていたジャズメモランダムというシステム手帳ぐらいの大きさの小冊子で、コードがついているものでした。ジャズの元歌の楽譜というと、これぐらいで、スタンダードナンバーなどを知ったのも、この楽譜からでした。なんとなく、耳で覚えていた感じが、この楽譜のような感じだったと思います。

演奏例

Louis Armstrong – Indiana

Harry James and his Orchestra – Indiana
それと、忘れてはいけないのが、ダニー・ケイの『5つの銅貨』という映画のお笑いシーンに出てくる演奏です。下の動画でいろいろなインディアナの演奏(もちろん吹替)がきけます。

The Five Pennies – Back Home in Indiana – montage

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
スポンサーリンク

Copyright© トランペット無料楽譜のページ , 2016 All Rights Reserved.