トロンボーンの楽譜を500曲近く扱ってます

【トロンボーン用無料楽譜】チャイコフスキー『スラブ行進曲』(Tchaikovsky Slavonic March)Trombone sheet music

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

同じ曲の
アルトサックスの楽譜のページ
フルートの楽譜のページ
トロンボーンの楽譜のページ
トランペットの楽譜のページ
へ飛ぶ

この曲の歴史的な背景

この曲は、1876年11月5日にモスクワでロシア音楽協会第1回交響楽演奏会で、ルビンシテインの指揮で初演されました。これにはチャイコフスキーも出席し、「先週の土曜日、ここでセルビア・ロシア行進曲(後のスラヴ行進曲)が初めて演奏された。それは愛国的熱狂の完全な嵐を巻き起こした。」とチャイコフスキーは妹に書き送ています。記念館の文庫の中にこの演奏会の感想が保存されており、それには「行進曲の演奏のあと、場内に起こった人々の叫び声は、とても筆には書けない。全聴衆は立ち上がり、ブラボーの叫びの中にウラー(万歳)の叫びがいりまじった。行進曲は再演され、再び嵐が巻き起こった。これは1876年の最も感動的瞬間のひとつであった。場内では多くの人々が泣いた。」と記されています。

この場内の雰囲気の背景には、1876年6月、オスマン帝国軍によってセルビアのスラヴ人キリスト教徒が多数殺害された事件に際して多くのロシア人は殺害されたスラヴ人たちに同胞としての同情を感じ、セルビアへは義勇兵が援軍として赴いたということと、その追悼という意味で作らた曲の初演ということにあります。

初めの部分だけです。全部、楽譜化するつもりでしたが、なかなか難しいので、この程度にしておきました。今後、続きを作れるか、ちょっと自信がありません。さらに、フルートであげたオリジナルの調と思われるものの楽譜を追加します。こちらのほうが無理がない感じがします。
Cut2017_0515_1343_30.gif

演奏例

Tchaikovsky – Marche Slave

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

Copyright© トロンボーン無料楽譜のページ , 2015 All Rights Reserved.