トロンボーンの楽譜を500曲近く扱ってます

【トロンボーン用無料楽譜】クルト・ワイル「セプテンバー・ソング」(September Song)Trombone sheet music

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

同じ曲の
アルトサックスの楽譜のページ
フルートの楽譜のページ
トロンボーンの楽譜のページ
トランペットの楽譜のページ
へ飛ぶ

曲の由来

この曲の作曲者、クルトワイル(Kurt Weill (1900-1950))は、ドイツのデッサウの出身です。ベルリンで正統派の音楽教育を受け、20代前半で若手作曲家として注目されるようになりました。
1927年にブレヒトと出会って「マハゴニー」を作曲します。翌年にコンビの代表作「三文オペラ」を完成させますが、その中の曲、『マック・ザ・ナイフ』は単独の曲としてその後、たくさんのアーティストによって演奏されています。

ドイツ国内が反ユダヤ主義に傾く中でワイルの仕事は制約を受けるようになり、1933年にナチス政権が成立をもって、ドイツを脱出することになります。フランスを経由して、最終益に1935年にアメリカに亡命しました。

アメリカではブロードウェイ・ミュージカルを中心に活躍し、作られた楽曲のうちのいくつかは、今でもスタンダードナンバーとして多くの人たちに愛されています。
その中の1曲、「セプテンバー・ソング」は”September affair”という映画の挿入曲として有名です。1950年の放映ということですので、私は知りません。その後、フランクシナトラが1965年ごろに歌って、多分そのあたりから認識ができたのだろうと思います。もしかしたら、ナットキングコールのほうが早いかもしれません。ここでは、カーメン・キャバレロのこってりした演奏をどうぞ。

演奏例

Carmen Cavallaro — September Song (VintageMusic.es)

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

Copyright© トロンボーン無料楽譜のページ , 2015 All Rights Reserved.