トロンボーンの楽譜を500曲近く扱ってます

【トロンボーン用無料楽譜】中山晋平『ゴンドラの唄』(Gondola no Uta Shinpei Nakayama)Trombone sheetmusic

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

同じ曲の
アルトサックスの楽譜のページ
フルートの楽譜のページ
トロンボーンの楽譜のページ
トランペットの楽譜のページ
へ飛ぶ

母の死がきっかけでできた曲

「ゴンドラの唄」(ゴンドラのうた)は、1915年(大正4年)に発表された歌謡曲。吉井勇作詞。中山晋平作曲。芸術座第5回公演『その前夜』の劇中歌として生まれ、松井須磨子らが歌唱、大正時代の日本で流行しました。

「カチューシャの唄」を手がけた中山晋平により作曲され、同曲同様に大衆の支持を得ました。中山によれば、母の死の直後、悲しみに暮れる帰りの汽車の中で「『ゴンドラの唄』の歌詞が語りかけて」きて、「汽車の揺れとともに、自然と旋律がわいてきた」 のだということです。

歌詞はアンデルセンの「即興詩人」(森鴎外訳)の一節を基にしています。

『読売新聞』の1915年4月29日付にライオン水歯磨の「ゴンドラの唄」への協賛広告が掲載され、「ゴンドラの唄」の4番までの歌詞が紹介されました。

最後の、この曲の文句は『明日の月日は ないものを』というかなり、脅迫的なものでした。昔の化粧品のCMに『25歳はお肌の曲がり角』というフレーズがありましたが、これも、そうですが、逆に『美魔女』などというのも、逆説的ではありますが、脅迫的に聞こえなくもなく、男性の頭髪が薄くなるのと同じように、元には戻らないものとして受け入れざるを得ないときが来るのですが、相当きつい。人間だれしも、自分は違うという意識が、たぶん死ぬまで続くのだろうと思う昨今です。

楽譜のご紹介

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

Copyright© トロンボーン無料楽譜のページ , 2016 All Rights Reserved.