奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【トランペット用無料楽譜】アイルランド民謡「庭の千草」(The Last Rose of Summer)Trumpet sheet music

 

サブカテゴリーの楽曲リストへ飛びます

サブカテゴリーの楽曲リストへ飛びます

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

どんな曲?もっと詳しい楽譜を動画で


同じ曲の
trumpet sheet music page(トランペット用楽譜のページ)
Flute sheet music page(フルート用楽譜のページ)
Altosax sheet music page(アルトサックス用楽譜のページ)
Trombone sheet music page(トロンボーン用楽譜のページ)へ飛ぶ

今はどうなのか知りませんが、唱歌として認識しています。庭の千草(庭のたくさんの草花という意味らしい)という意味がいまいち、ぴんと来なかったのですが、曲だけはいい曲だと思っていました。原題は”The last rose of summer”ということで、より詩の内容が直截に表現されています。

スポンサーリンク

ニニ・ロッソが吹いている動画がありましたので、紹介します。中で、詩の内容もありますので、意味が分かるようになっています。

演奏例

Viento NO2. 夏の名残りのバラ The Last Rose of Summer; 演奏 Nini Rosso
70年代は都心に住んでいて、近所に古本屋街がありました。よく、映画専門紙のスクリーンという雑誌の中古本が山のように店頭に積まれていました。相当古い雑誌も手にでき、ずっと見ていくと、こんなに若くて綺麗な人が、こうなっちゃうんだ、怖いなあ・・・とよく思ったものです。そのうち、この人も、この人も、ぞくぞくと死んでいなくなっちゃう…。でもどこか他人ごとで、自分だけはいつまでも若くいられるだろうと思っていました。しかし、そうでもないことが、徐徐にわかりました。気づくのが遅すぎます。そんな曲の意味と思います。身に沁みます。

Carlos Manuel Zabala – Arban Series – “The Last Rose of Summer” from “The Art of Phrasing”

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2015 All Rights Reserved.