奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【トランペット用無料楽譜】ジョンソン『チャールストン』(The Charleston)Trumpet sheet music

 

サブカテゴリーの楽曲リストへ飛びます

サブカテゴリーの楽曲リストへ飛びます

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

どんな曲?もっと詳しい楽譜を動画で

動画再生まで少し間があります。必要に応じて、再生ボタンを押すとでてくる、動画の左下のフルスクリーンボタンを押してご覧ください。

同じ曲の
trumpet sheet music page
Flute sheet music page
Altosax sheet music page
Trombone sheet music pageへ飛ぶ

上記の楽譜がちょっとわかりにくいので、楽譜を変更し、動画にして追加しました。コードもつけてあります。

スポンサーリンク

曲の由来

「チャールストン」(Charleston:The Charleston、ないしCharleston, South Carolina とも)」は、チャールストン・ダンスの伴奏楽曲として書かれた、ジャズの楽曲。1923年にセシル・マック (Cecil Mack) が作詞し、ストライド (stride) のピアノ演奏法をもたらしたジェイムズ・P・ジョンソン (James P. Johnson) が作曲しました。
この曲は、アメリカ合衆国の黒人によるブロードウェイ・シアターのミュージカル・コメディで、1923年10月29日にニューヨークのニュー・コロニアル劇場 (New Colonial Theatre) で初演された『Runnin’ Wild』で大きく取り上げられました。ジョンソンは、サウスカロライナ州の荷役労働者たちの音楽から着想を得て、この曲を書いています。当時は、チャールストンと称されたダンスが流行りはじめていました。
1920年代のアメリカ、その時代の映像と、それを説明するときにバックに流れることの多い曲です。それだけ、アメリカの1920年代には爆発的なヒットとなり、当時の経験したことのないような好景気の時代の雰囲気にぴったりだったのだと思います。ちなみに1920年代は大正9年から昭和4年までになります。

演奏例

Back to the 20’s (HD)
この曲は20秒過ぎあたりから始まります。

1920’s The Charleston

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2016 All Rights Reserved.