奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【トランペット用無料楽譜】シューマン『ピアノ協奏曲イ短調から第1楽章』(Schumann piano concerto A-moll op.54)Trumpet sheet music

 

サブカテゴリーの楽曲リストへ飛びます

サブカテゴリーの楽曲リストへ飛びます

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介



同じ曲の
trumpet sheet music page
Flute sheet music page
Altosax sheet music page
Trombone sheet music pageへ飛ぶ

曲の由来

ロベルト・シューマンのピアノ協奏曲イ短調作品54は、1845年に完成された、シューマンの遺した唯一の完成されたピアノ協奏曲です。

スポンサーリンク

シューマンはこの曲の前にいくつかピアノ協奏曲の作曲に取り掛かっていました。1828年に変ホ長調の協奏曲の作曲を始め、1829年から1831年にかけてはヘ長調の協奏曲に取り組み、1839年にはニ短調の協奏曲を1楽章のみ完成させました。しかし、これらの曲はいずれも完成しませんでした。

1841年、シューマンは後にピアノ協奏曲の第1楽章となる『ピアノと管弦楽のための幻想曲』を作曲しました(初稿)。1845年にそれを改作し、間奏曲とフィナーレの2楽章を加えて曲として完成させています。この曲はシューマンの作曲した唯一のピアノ協奏曲となった。

曲は3楽章からなり、第2楽章と第3楽章の間は休みなしに演奏されます。

1.Allegro affettuoso
2.間奏曲 (Intermezzo): Andantino grazioso
3.フィナーレ (Finale): Allegro vivace

1846年1月1日、ライプツィヒ・ゲヴァントハウスで、ロベルトの妻クララ・シューマンの独奏、献呈者フェルディナント・ヒラー指揮で初演されました。
グリーグにも影響を与えた楽曲で、そういえば出だしがよく似ている感じがします。また、ウルトラセブンの最終回に使われた曲です。世代ではないので、そうなんだとしか言えませんが…。

演奏例

シューマン ピアノ協奏曲 イ短調 から 第1楽章

ウルトラセブンとシューマンのピアノ協奏曲イ短調
『・・・ごっこ感』が出ている番組のように見えます。私の興味は、今から見ると可愛いひし美ゆり子さんのほうにあったように記憶しています。

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2016 All Rights Reserved.