奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【アルトサックス用無料楽譜】シューマン『ピアノ協奏曲イ短調から第1楽章』(Schumann piano concerto A-moll op.54)Altosax sheet music

 

サブカテゴリーの楽曲リストへ飛びます

サブカテゴリーの楽曲リストへ飛びます

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

スポンサーリンク

(アルトサックス用に楽譜を入れ替えました)
ローベルト・アレクサンダー・シューマン(Robert Alexander Schumann, 1810年6月8日 – 1856年7月29日)は、ドイツ・ロマン派を代表する作曲家。
ベートーヴェンやシューベルトの音楽のロマン的後継者として位置づけられ、交響曲から合唱曲まで幅広い分野で作品を残しました。 とくにピアノ曲と歌曲において評価が高い。

ツヴィッカウの裕福な家庭に生まれ、ライプツィヒ大学の法科に進むも、ピアニストをめざしてフリードリヒ・ヴィーク(1785年 – 1873年)に師事する。しかし、指の故障によりピアニストを断念、作曲家となります。ヴィークの娘でピアニストのクララ(1819年 – 1896年)との恋愛と結婚はシューマンの創作活動に多大な影響を及ぼしました。文学への造詣も深く、1834年に「新音楽時報」の創刊に携わり、以後10年間にわたって音楽評論活動を行います。

このころから精神障害の症状に悩まされるようになります。1844年にライプツィヒからドレスデンへ、1850年にデュッセルドルフへと移住して指揮者としても活動します。この間、子供向けのピアノ曲を作曲するなど教育分野での貢献も残しました。

1853年にヨハネス・ブラームス(1833年 – 1897年)と出会い、「新しい道」と題する論文で若き天才として紹介するが、翌1854年にライン川に投身自殺を図ります。救助されたシューマンはボン近郊のエンデニヒの療養所に収容され、2年後の1856年に46歳で死去ししました。

楽譜は途中の表現が難しくて、ちょっと躊躇していたのですが、とりあえず、いいかという感じで上げます。最後は尻切れトンボになってしまいましたが、それなりの雰囲気は出たと思います。

Schumann: Pianoconcert – Nelson Freire, piano Live Concert HD

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2016 All Rights Reserved.