奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【アルトサックス用無料楽譜】ラヴェル『亡き王女のためのパヴァーヌ』(Pavane four une infante defunte)Altosax sheet music

 

サブカテゴリーの楽曲リストへ飛びます
基本的に50音順のリンクリストです




この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

trumpet-sheet-music page
flute-sheet-music page
altosax-sheet-music page
trombone-sheet-music pageへ飛ぶ

この曲には、ピアノ曲と管弦楽曲とがありますが、ピアノ曲はパリ音楽院在学中に作曲した初期を代表する傑作であり、ラヴェルの代表曲の1つと言えます。

ラヴェルはこの曲を自身のパトロンであるポリニャック公爵夫人に捧げ、1902年4月5日、スペインのピアニスト、リカルド・ビニェスによって初演されました。

この曲は世間からは評価を受けたが、ラヴェルの周りの音楽家からはあまり評価されませんでした。ラヴェル自身もこの曲に対して、「大胆さに欠ける」、「シャブリエの過度の影響」、「かなり貧弱な形式」と批判的なコメントをのこしています。その後行われた演奏もテンポが遅く、だらけたものでした。

この曲の『パヴァーヌ』とは、何なのか?Wikiをしらべてもなんとなくぼんやりとしかわかりません。結婚式の新郎新婦の行進にあるようなもったいつけた歩きにその名残があるみたいなことが書かれていましたので、そんな格調高い風のステップを持った踊りとでも理解したらいいのでしょうか。それを題材とした曲がこの曲ということでしょう。

逝ける王女の為のパヴァーヌ.   パリ音楽院管弦楽団
ポップスとして、こんな感じで歌われたこともありました。

演奏例

Doris Day — The Lamp Is Low

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2015 All Rights Reserved.