奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【トランペット用無料楽譜】クリスマスキャロル『さやかに星はきらめき』(O Holy Night)Trumpet sheet music

 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介


(調を追加し、3種類の調にコードをつけました。)
同じ曲の
trumpet sheet music page
Flute sheet music page
Altosax sheet music page
Trombone sheet music pageへ飛ぶ

曲の由来

さやかに星はきらめき(さやかにほしはきらめき、仏: Minuit, chrétiens 英: O holy night)はフランスの作曲家アドルフ・アダン作曲のクリスマス・キャロル。原題は『クリスマスの賛美歌』(Cantique de Noël)ですが、歌詞の冒頭”Minuit, chrétiens, c’est l’heure solennelle,”から仏語圏では”Minuit, chrétiens”とも呼ばれています。
原詩はプラシド・カポー(フランス語版、英語版)によるものですが、英語圏ではジョン・サリバン・ドワイトがかなり自由な英訳をした「O Holy Night, the stars are brightly shining」で知られており、日本でも「オー・ホーリーナイト」と呼ばれることがあります。ドワイトの詩を由木康が翻訳した曲が、讃美歌第二編に収録されています。中田羽後訳では、聖歌 (総合版)817番清らに星すむ今宵です。

はやい話が、この曲は讃美歌です。私はビングクロスビーの歌声で初めて知った曲です。クリスマスが近くなると、AFN放送から盛んに分厚いハーモニーのクリスマスソングなどが流れていましたが、その1曲で聞いていたのだと思います。今は、もうクリスマスソングでビングクロスビーを連想する人は少ないと思いますが、ホワイトクリスマスはやはりビングクロスビーのものが、かなり古臭いですが、だからいいともいえると思います。さらに言うと、I’ll be home to christmas が一番好きです。この曲は第2次大戦中の曲で、まさに兵士の願いを歌って、大ヒットになったのだそうです。ただ、著作権が有効なので、ここで楽譜は紹介できません。

演奏例

Bing Crosby – O Holy Night
今様にすると

Studio 60 O Holy Night
参考として

Bing Crosby – I’ll Be Home For Christmas

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2016 All Rights Reserved.