奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【アルトサックス用無料楽譜】ムソルグスキー『展覧会の絵』プロムナード(Mussorgsky Pictures at an Exhibition Promenade)

 

サブカテゴリーの楽曲リストへ飛びます
基本的に50音順のリンクリストです




この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

同じ曲の
trumpet-sheet-music page
flute-sheet-music page
altosax-sheet-music page
torombone-sheet-music pageへ飛ぶ

この曲の由来

1870年ころ、ムソルグスキーはヴィクトル・ハルトマンという建築家であり画家でもある男と出会い、交友を結びます。しかし1873年8月4日、ハルトマンは動脈瘤が原因で急死してしまうのでした。

ムソルグスキーの落胆ぶりは大きく、残された手紙などによると、ハルトマンの体の異常に気づきながら友人としてなすべきことをしていなかったのではないかと、自責の念にかられている様子がわかります。

一方、スターソフ(ロシアの芸術史研究家であり評論家で、ムソルグスキーにも影響を与えた人物)はハルトマンの遺作展を開くことにしました。ハルトマンの作品を整理することと、ハルトマン未亡人のための資金援助が目的であったと思われます。遺作展は、1874年の2月から3月にかけて、母校であったペテルブルク美術アカデミーにおいて400点の遺作を集めて大々的に開催されました。
その展覧会から半年後の1874年7月4日、ムソルグスキーは『展覧会の絵』を完成させました。同年6月24日付のスターソフへの手紙には、この曲について興奮気味に「アイディアが煮えたぎっていて紙に書く暇がない」「今間奏(プロムナード)とそれ以外に(曲集前半の)4曲を書いた」などと書かれており、その前に作曲していた歌曲の完成よりまだ10日程度しかたっていないことから、作業の遅いムソルグスキーにしては珍しく2 – 3週間足らずで一挙に作曲されたものと推測されます。

楽譜のほうは、プロムナードだけではなくて、いろいろなところを上げていきたいと思います。印象にのこるシーンの多い曲で、取り上げやすい曲だと思います。

演奏例

Mussorgsky Pictures at an Exhibition (Muti – The Philadelphia Orchestra)

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2015 All Rights Reserved.