奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【アルトサックス用無料楽譜】モンテルデ作曲『マカレナの乙女 (闘牛士のマンボ)』(Monterde La Virgen De La Macarena)Altosax sheet music

 

サブカテゴリーの楽曲リストへ飛びます

サブカテゴリーの楽曲リストへ飛びます

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

スポンサーリンク

どうも甲子園の高校野球のどこかの応援の曲としての記憶が強く、どちらかというとトランペットやトロンボーンのイメージが強いですが、日本で1962年にヒットしたのは、ペレス・プラード楽団のサックスのソロがはじめです。

ダマソ・ペレス・プラード(Dámaso Pérez Prado, 1916年12月11日 – 1989年9月14日)はキューバのバンドリーダー、指揮者、ピアニスト。マンボ王(マンボキング)とも呼ばれています。
1916年(1922年説もある)にキューバのマタンサス (Matanzas) に生まれました。父親は新聞記者で母親は教師。幼少時からクラシックピアノを学び、後にポピュラーに転向して地元のクラブ等でピアノやオルガンを演奏していました。

1940年代キューバの首都ハバナで働いていた頃、当時流行していたルンバにジャズの要素を取り入れた新しいリズム「マンボ」を積極的に演奏し始める(「マンボの王様」という異名から、ペレス・プラードにより作られたと誤解する者も多いですが、彼がマンボの発明者ではありません)。しかしこの新しいリズムはキューバ国内では受け入れられず、1948年にメキシコシティへ移住。そこでペレス・プラード楽団を結成、一躍人気アーティストとなりました。

その後、代表曲となる「マンボNo.5 (Mambo No. 5)」や「マンボNo.8 (Mambo No. 8)」を発表するとマンボは世界的なムーブメントとなり、アメリカに進出します。その後1955年に発表した「チェリー・ピンク・チャチャ(セレソローサ)(Cerezo Rosa (Cherry Pink and Apple Blossom White))」は、映画「海底の黄金」のテーマ曲になったこともあり、全米ヒットチャートで10週連続第1位を記録しました。しかも、26週連続それにチャートインしたばかりか、同年の全米年間ヒットチャート第1位を記録するといった快挙を成し遂げたのです。更に、1958年には、彼の自作曲「パトリシア(Patricia)」が全米ヒットチャート第1位になっただけでなく、同シングルは400万枚を売り上げ、彼が発表した中で最も売れたシングル盤となっています。
彼のスタイルは指揮をしながらステージ上で所狭しと踊り、飛び跳ね、激しく動き回りながら独特の掛け声で楽団を煽るというもので、マンボの強烈なリズムと共にそのステージは当時の若者を熱狂させました。これは『スマイリー・オハラ』さんの指揮の仕方と似ているかもしれません。

Perez Prado – La Macarena
関連動画として、日本でも大ヒットの『チェリー・ピンク・チャチャ』を


アルトサックスの音域に合わせた表記に変えてみたものを追加します。
Cut2016_1107_2051_37.gif

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2016 All Rights Reserved.