奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【アルトサックス用無料楽譜】マルティーニ『愛の喜びは』(Martini Piacer d’amor)Altosax sheet music

 

サブカテゴリーの楽曲リストへ飛びます

サブカテゴリーの楽曲リストへ飛びます

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

スポンサーリンク

(アルトサックス用に楽譜を入れ替えました)
作曲者のジャン・ポール・エジード・マルティニ(Jean Paul Egide Martini, 1741年8月31日 – 1816年2月14日 パリ)は、ドイツのフライシュタット出身のフランスの作曲家。本名はヨハン・パウル・エギディウス・シュヴァルツェンドルフ(Johann Paul Ägidius Schwartzendorf)。姓については「マルティン (Martin) 」とする説もあります。
6歳の時に両親と死別。父親アンドレアス・マルティン(Andreas Martin)とバルバラ夫人は、それぞれ学校教師とオルガニストでした。さしあたってイエズス会の神学校に通いながら、早くも11歳でオルガニストとして働いていました。その後は哲学の勉強のためにフライブルク・イム・ブライスガウに行くものの、むしろ音楽に親しみを感ずるようになり、やがて怠業気味となります。1760年にロレーヌのナンシーに行き、イタリア語で「マルティーニ・イル・テデスコ」(Martini il Tedesco、ドイツ人マルティーニ)と名乗るようになります。1764年にマルグリット・カムロ(Marguerite Camelot)と結婚。マルグリット夫人もオルガニストの家系の出でした。

パリに移住してから、とりわけ歌劇と行進曲の作曲家として、最大の成功が舞い込んできました。1788年に宮廷楽長(Surintendant de la musique du roi)として宗教曲にかかわる宮廷音楽家に、またパリで最も重要な劇場の監督に任命されます。

しかし不運にも、フランス革命の勃発によって地位を失い、不安なまま至急リヨンに避難します。1796年にパリ音楽院に採用されますが、パリで作曲家として成功できず、1802年に再び解雇されます。

その後は再び教会音楽に献身しました。すでに七十代の峠を越えていたが、1814年のブルボン家の王政復古まで生き延び、再び宮廷楽長に任命されました。最後に《ルイ16世のためのレクイエム》を作曲しますが、この作品はマルティニ自身の死の3週間前に初演されました。セーヌ=サン=ドニ県にて逝去。ペール・ラシェーズ墓地に埋葬されています。

もともと歌曲になっていますので、何を歌っているのかが肝心です。ちょうどいい動画ありましたので、意味が通ずると思います。

Piacer d’amor 愛の喜びは G.P.Martini Yoshinori.IHARA 2006

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2016 All Rights Reserved.