奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【アルトサックス用無料楽譜】『この道 』山田耕筰 (a Japnese nursery song “Konomichi”)Altosax sheet music

 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介


同じ曲の
trumpet sheet music page(トランペット用楽譜のページ)
Flute sheet music page(フルート用楽譜のページ)
Altosax sheet music page(アルトサックス用楽譜のページ)
Trombone sheet music page(トロンボーン用楽譜のページ)へ飛ぶ

作曲者の略歴

楽譜の後半は、転調してあります。山田耕筰さんの没後50年を過ぎ、やっと上げることができました。

山田耕筰の幼少時の略歴から、どんな契機で音楽の道に行ったのかがわかります。

東京府東京市本郷(現在の東京都文京区)の医師でキリスト教伝道者の父の下に生まれます。1896年、10歳の時に実父を亡くす。実父の遺言で、巣鴨宮下(現在の南大塚)にあった自営館(後の日本基督教団巣鴨教会)に入館し、13歳まで施設で苦学します。1899年、13歳のとき、姉のガントレット恒を頼り岡山の養忠学校に入学。姉の夫のエドワード・ガントレットに西洋音楽の手ほどきをうけています。14歳のとき、関西学院中学部に転校。同本科中退を経て1904年、東京音楽学校予科入学、1908年、東京音楽学校(後の東京藝術大学)声楽科を卒業。

1910年(明治43年)から3年間、三菱財閥の総帥岩崎小弥太の援助を受けてドイツのベルリン王立芸術アカデミー作曲科に留学し、マックス・ブルッフなどに学びます。ベルリン時代の1912年(大正元年)には日本人初の交響曲『かちどきと平和』を作曲しています。

その後も岩崎の援助を得ていましたが、ちょっと恋愛問題で嫌われて、岩崎からの援助は得られなくなります。結婚したばかりの山田耕筰は、幼なじみの女性と恋に落ちてしまっためであるといわれています。

演奏例

山田耕筰作品集 この道を主題とせる変奏曲 竹林秀憲フルート

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2016 All Rights Reserved.