奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【トランペット用無料楽譜】イヴァノヴィチ 『ドナウ河のさざ波』(J.Ivanovic – Waves of the Danube)Trumpet sheet music

 

サブカテゴリーの楽曲リストへ飛びます
基本的に50音順のリンクリストです




この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介


この曲の楽譜には続きがあります。後半はこちらになります。

同じ曲の
trumpet sheet music page
Flute sheet music page
Altosax sheet music page
Trombone sheet music pageへ飛ぶ

作曲者略歴

ヨシフ・イヴァノヴィチ(ルーマニア語: Iosif Ivanovici, 1845年 ティミショアラ – 1902年9月28日 ブクレシュティ)はルーマニアの作曲家・指揮者で、ガラツィとブクレシュティの軍楽隊の隊長でした。イオン・イヴァノヴィチ(Ion Ivanovici)とも

彼はティミショアラに生まれました。ワルツ、ファンファーレ、行進曲や民謡に基づく作品などおよそ350の作品を残し、パリ万博では作曲賞を受賞したほどでした。

現在はその作品の多くは忘れられ、1880年に作曲したワルツ《ドナウ川のさざなみ Valurile Dunării》のみが盛んに演奏されているぐらいです(他にルーマニア王妃エリサベタの筆名を題名としたワルツ《カルメン・シルヴァ Carmen Sylva》が極稀に演奏されます)。

《ドナウ川のさざなみ》は、その哀愁を帯びた旋律、オーケストレーションの見事さなどから、東欧の作曲家のワルツ作品としては突出して有名な彼の傑作です。

《ドナウ川のさざなみ》は同じころ活躍していたヨハン・シュトラウス2世の作品《美しく青きドナウ》とはまったく表情が違い、《美しく青きドナウ》が優雅で明るい曲であるのに対し、《ドナウ川のさざなみ》は感傷的でロマンチックな曲調となっています。そのような理由からかこの曲は、日本人の心に訴えるものがあるのか、「月は霞む春の夜」という歌詞がつけられて歌われるほど日本では人気がありました。また、当時の軍楽隊のレパートリーにされていたといいます。

アメリカでも歌詞がつけられ、《アニヴァーサリー・ソング》として親しまれました。《ドナウ川のさざなみ》は映画にも多く使われています。その例に《野良犬》、《ジョルスン物語》、《パパは出張中!》などがあります。

ピアニストのアンドレイ・イヴァノヴィチ(1968年生まれ)は彼のひ孫です。

今回は、ドナウ河の漣ということで、分割して、ご案内する予定です。この曲を聴いて、スケーターワルツを思い出そうとすると、頭が混乱します。スケーターワルツの音が上下して動くところを思い出してやっとスケーターワルツが思い出せます。これは子供の頃からで、50年以上この現象が続いています。どこでどう記憶間違いしたのか、考えただけでいらいらします。この曲の後半部分の楽譜はこちらです。
そんなことはどうでもいいですが、今回の楽譜はhttp://imslp.org/wiki/Donauwellen_%28Ivanovici,_Iosif%29からダウンロードしたものを加工して作っています。このサイトは著作権フリーの楽譜が置いてあって、中にあるFinaleという楽譜ソフトの形式で保存されているものをダウンロードして、それをトランペット用に転調したり、記号を省略したりして作っています。

演奏例

Iosif Ivanovici – Donauwellen Walzer (Waves of the Danube Waltz)

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2015 All Rights Reserved.