奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【トロンボーン用無料楽譜】ビリー・メイヒュー作曲『嘘は罪』(It’s a Sin to Tell a Lie)Trombone sheet music

 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

どんな曲?もっと詳しい楽譜を動画で

動画再生まで少し間があります。必要に応じて、再生ボタンを押すとでてくる、動画の左下のフルスクリーンボタンを押してご覧ください。


同じ曲の
trumpet sheet music page
Flute sheet music page
Altosax sheet music page
Trombone sheet music pageへ飛ぶ

曲の由来

この曲は、1936年にビリー・メイヒューによって、ダンスミュージックとして書かれています。その後、ポップスとして、詞がつけられて、多くのアーディストにカバーされることになります。また、フランス版は同年か翌年になって詞をつけられています。その後、いったん忘れられますが、サムシングスミスとレッドヘッズによって1955年リバイバルしました。その年のビルボードチャートの7位まで行きました。その後、1971年、カントリー音楽として復活し、1978年にはジョンデンバーもレコーディングしています。

高校生の時に学園祭で部活の仲間でバンドを組んでこの曲を演奏することがありました。めちゃくちゃ吹きにくかったのは、もともとの曲が3拍子なのに、4拍子のアレンジで、スローなジャズ風のものだったためでした。もちろん当時はトランペットでしたので、トロンボーンでの演奏はできませんでした。ダボハゼのごとき何でも演奏するトミードーシーが吹いているかと思って検索しましたが、ありませんでした。

演奏例

Vera Lynn – It’s a sin to tell a lie

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2015 All Rights Reserved.