奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【アルトサックス用無料楽譜】中山晋平『ゴンドラの唄』(Gondola no Uta Shinpei Nakayama)Altosax sheet music

 

サブカテゴリーの楽曲リストへ飛びます

サブカテゴリーの楽曲リストへ飛びます

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

スポンサーリンク

中山晋平作曲のこの曲は、当初は酷評を受け、「カチューシャの唄」ほどの爆発的なヒットにはならなかったとされています。作曲者の中山は1931年(昭和6年)末に行った講演「演劇及び映画に於ける所謂主題歌に就いて」で、この曲があまり流行しなかった理由を長旋法(長調)で(当時の日本の歌曲では珍しかった)6拍子のメロディが当時の(日本)人には受け入れづらかったのであろうと推測しています。

ただ、1920年(大正9年)に大原社会問題研究所が大阪市内にて調査した「現時において最も普通に歌われてゐる流行歌」約100曲のリストに「ゴンドラの唄」が挙げられていることから、ある程度は流行したものと考えられています。しかし、その後この曲は「カチューシャの唄」と並んで100年にわたり歌い継がれる曲となっています。

この曲は、戦後では、あの森繁久彌さんの歌で、印象に残っています。私が子供のころ、多分、森繁さんの全盛期だったのだと思います。変なおじさんの印象が残っていますが、映画の駅前シリーズの影響だと思います。全体がふざけた感じで、とぼけて歌う、それを勝手に見ている方が味だと思った、そんな時代だったんじゃないかと思います。

ゴンドラの唄

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2016 All Rights Reserved.