奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【トランペット用無料楽譜】ガーシュイン作曲『サマータイム』(Gershwin SummerTime)Trumpet sheet music

 

サブカテゴリーの楽曲リストへ飛びます
基本的に50音順のリンクリストです




この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介


同じ曲の
trumpet sheet music page
Flute sheet music page
Altosax sheet music page
Trombone sheet music pageへ飛ぶ

曲の由来

「サマータイム」(Summertime)は、ジョージ・ガーシュウィンが1935年のオペラ『ポーギーとベス』のために作曲したアリア。作詞はデュポーズ・ヘイワード (DuBose Heyward)。

現在ではジャズのスタンダード・ナンバーとして知られ、ポップス、ロックなど幅広いジャンルでも歌われています。

オペラの第1幕冒頭で、生まれたばかりの赤ん坊にクララが歌いかけるブルース調の子守唄です。

前半の「夏になれば豊かになれる、魚は跳ねて、綿の木は伸びる。父さんは金持ち、母さんはきれい。だから坊や、泣くのはおよし…」では、歌詞とは裏腹に1920年代のアメリカの黒人たちの過酷な生活が反映されていますが、後半の歌詞では、「ある朝、お前は立ち上がって歌う、そして羽を広げて飛んでいく…」という子供の成長を祈る内容になっています。

その後、ジェイクが嵐に遭遇して行方不明となったときと、ジェイクの死を知ったクララが嵐で死んだ直後にも歌われますが、歌詞の一部が変えられ、悲壮な内容となっていきます。

最初のほうが普通の楽譜で、後半はいろいろなMIDIファイルをつなぎ合わせて作った楽譜です。サマータイムといえば、ジャズのフィーリングを感じる曲です。普通のジャズの楽譜はコードが書かれていて、演奏はお好きにどうぞというスタイルだと思います。日本の演歌と比べるのもなんですが、演歌の場合は、前奏、間奏、エンディングまで、こと細かく作りこんでいる場合が多いです。そこらへんが、文化の違いということなのでしょう、あらゆる生活の場面にこの違いが見られるような気がします。

たとえば、はじめてWindowsに触れたときに、日本的な家電と大違いの感覚というか、自由がある代わりに、細部がどうも雑な感じがしたのを思い出します。親切さがない代わりに、自由があるというか、そんな感じです。特にエラーを出すと、『あなたは不正をしました…』というのが、いかにも無礼で、理系の日本語を知らない人間が作ったとしか思われない違和感を感じました。

演奏例

そして、サマータイムといえば、この演奏を聴かずにはいられません。

Summertime Miles Davis Porgy and Bess 1958
ジャズのコピーで、難しくて手も足も出ないという曲も多い中、マイルスの曲は比較的何とかふけるものが多いです。聞くより断然吹いてみるといいです。鳥肌が立って、失神しそうになるかもしれません。マイルスのこの変態的な曲に対する解釈はどこからきているのでしょう。どんな心象風景があったのでしょうか。

Horst Fisher Summertime

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2015 All Rights Reserved.