奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【フルート用無料楽譜】ガーシュイン『ラプソディーインブルー』(Gershwin-Rhapsody in Blue ③-2)Flute sheet music

 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介


同じ曲の
trumpet sheet music page
Flute sheet music page
Altosax sheet music page
Trombone sheet music pageへ飛ぶ

この曲の楽譜は3部構成になっています。Part1         Part2        Part3

ラプソディー・イン・ブルーを作曲したきっかけ

ガーシュインがポール・ホワイトマンの提案を受け、1924年、ニューヨークのエオリアンホールで開かれた「新しい音楽の試み」と題されたコンサートに向けて作曲し、そこで初演された曲です(同年2月12日)。
この曲が作られることになった発端は、1924年1月3日、他の仕事で多忙だったガーシュウィンが兄のアイラとビリヤード場に息抜きに行った際、新聞で「ホワイトマンがガーシュウィンに曲を発注した」という記事を見つけたことでした。翌日、抗議のためガーシュウィンはホワイトマンに電話をかけるも、実はこの記事はホワイトマンがガーシュウィンを呼びつけるために作った偽記事だったらしく、「新聞記事になってしまったから作ってくれ」とホワイトマンに押し切られました。

カデンツァの部分は、仕事でボストンに向かう際に乗った列車の走行音から着想を得たとされます。

これで終わりではありません。後日、もうひとつファイルがあります。参考音源などはB♭トランペット用の楽譜ページにもおいてあります。その他、E♭、Trb(テナー)用の楽譜も作成済みです。

まったく、フルートなどやったこともないので、この楽譜がどの程度難しいのかよくわかりません。言えることは、トランペットではめちゃくちゃ難しい楽譜になっていることだけは確かです。

演奏例

フルート奏者による~ラプソディ・イン・ブルー Rhapsody in Blue

Gershwin plays Gershwin: Rhapsody in Blue

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2015 All Rights Reserved.