クラシックを中心とした400曲以上の無料楽譜です。

wind-note.com/flutesheetmusic

【フルート用無料楽譜】エレネスト・レクォーナ作曲『シボネー』(SIBONEY)Flute sheet music

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介


同じ曲の
アルトサックスの楽譜のページ
フルートの楽譜のページ
トロンボーンの楽譜のページ
トランペットの楽譜のページ
へ飛ぶ

シボネーの意味と作曲者の略歴

シボネーという意味ですが、調べたところ、キューバにいた原住民で絶滅した種族なのだそうです。それを曲にしたのが、この曲ということです。どう感じていいのか訳が分かりませんが、曲そのものがいいということでいいのだと思います。

この曲の作曲家のエルネスト・レクオーナ (Ernesto Lecuona, 1896年8月6日 – 1963年11月29日) はキューバの音楽家。20世紀前半のキューバ楽壇では、多方面にわたる作曲活動のかたわら、ピアニストとして、またバンド・マスターとして、世界的な演奏活動を繰り広げました。

ハバナ近郊のグヮナバコアに生まれます。3歳から姉エルネスティーナにピアノを学び、5歳でピアニストとして最初の公開演奏会を開きます。11歳で最初の作曲と作品の出版を行い、14歳でハバナ国立音楽院に入学します。1913年に17歳で金メダルを得てピアノ科を卒業した。この間、作曲家のホアキン・ニンに作曲を師事。

1916年にニューヨークのエオリアン・ホールにおいて、アメリカ合衆国デビューを果たします。これ以降はアメリカに定住し、1930年代にはバンド「レクオーナ・キューバン・ボーイズ」を率いて、アメリカ国内から中南米、ヨーロッパまで演奏旅行を敢行、華々しい成功をおさめました。録音活動も積極的に行なっています。

1946年にメンバー間の軋轢とバンドの分裂により、バンド・リーダーとしての活動から離れ、キューバに帰国したが、「レクオーナ・キューバン・ボーイズ」そのものはレクオーナ没後の1970年代半ばまで活動を継続しており、レクオーナ本人とバンドの間では、手紙や電話によって接触が保たれていました。

1960年にレクオーナは、革命政権になじめずキューバを去り、タンパやフロリダなどを転々とした後、カナリア諸島サンタ・クルス・デ・テネリフェ滞在中に臨終を迎えました。墓地はニューヨーク州ホーソーンにあります。

(フルート用にオクターブ上げたものを追加しました。)

演奏例

シボネー

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

Copyright© フルート無料楽譜のページ , 2015 All Rights Reserved.