奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【トランペット用無料楽譜】ドボルザーク 交響曲第8番第3楽章『イギリス』(Dvorak :Symphony No.8-3)Trumpet sheet music

 

サブカテゴリーの楽曲リストへ飛びます

サブカテゴリーの楽曲リストへ飛びます

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介

もう少し詳しい楽譜を動画で


同じ曲の
trumpet sheet music page
Flute sheet music page
Altosax sheet music page
Trombone sheet music pageへ飛ぶ

曲の由来

交響曲第8番ト長調作品88は、チェコの作曲家、アントニン・ドヴォルザークが作曲した交響曲。古くは出版順により第4番とよばれていました。
第7番以前の交響曲にはブラームスの影響が強く見られ、また第9番『新世界より』ではアメリカ滞在のあいだに聞いた音楽から大きく影響を受けているため、この交響曲第8番は「チェコの作曲家」ドヴォルザークの最も重要な作品として位置づけることができます。ボヘミア的なのどかで明るい田園的な印象が特徴的で、知名度の点では第9番には及ばないものの、第7番などと同様に人気のある交響曲です。

スポンサーリンク

なお、第1楽章の展開部の入り(提示部が繰り返されるかのように始まりながら、展開されていく)、再現部の入り(提示部とは明らかに違った形で始まる)の処理、第4楽章が変奏曲であること、主調が平行調の関係にあることなど、形式面で、ブラームスの交響曲第4番との共通性が見られるのは興味深い。

1889年の8月から11月にかけて、ボヘミアのヴィソカにて作曲され、1890年、プラハにて作曲者の指揮で初演されました。

この曲は基本的な音出しのチェックが終わった後に、音の流れを意識しながら、途切れないように吹けるかをチェックしながら吹いています。これまでの曲がクラシックの古典派だったのに比べ、少し抑揚の必要な、叙情的な感じの曲になります。紹介する曲は聞けば、誰でも聞いたことがある曲ばかりです。この曲は関東圏で西友の宣伝に以前使われていました。誰もが知っている曲をきっちり吹けることで、常に聞く人を意識した練習をしています。音楽ですから、聞く人を意識しない練習はないと思っています。もちろん、自分で酔うのも否定しません。

演奏例

Dvorak Symphony 8 mov 3

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2014 All Rights Reserved.