奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【トランペット用無料楽譜】ドリゴのセレナーデ(Drigo Serenade)Trumpet sheet music

 

サブカテゴリーの楽曲リストへ飛びます

サブカテゴリーの楽曲リストへ飛びます

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

スポンサーリンク

リッカルド・エウジェニオ・ドリゴ(Riccardo Eugenio Drigo, 1846年6月30日 パドヴァ – 1930年10月1日 同地)は、イタリアのバレエ作曲家、指揮者。ロシア・サンクトペテルブルクの国立バレエ団(Imperial Ballet)のカペルマイスターおよび音楽監督としての長いキャリアで知られています。

ドリゴはパドヴァで家族の友人Antonio Jorichに音楽を習った後、ヴェネツィアの音楽学校でアントニオ・ブッツォーラ(ガエターノ・ドニゼッティの教え子)に師事しました。彼はピアノ教師を務め、また故郷で作曲家・指揮者として成功を収めました。

1878年にドリゴはロシアへ移住し、この地で40年以上を過ごすこととなりました。1879年、彼はサンクトペテルブルクでイタリア・オペラの指揮者に任命されます。
1886年に彼はこの地位を辞して、国立バレエ団の指揮者・作曲家の地位に就きました。彼はロシアで最先端のダンサーや振付師たち(マリウス・プティパ、レフ・イワノフら)と共に活動しました。彼が最初に指揮したのはチャイコフスキーの『眠れる森の美女』と『くるみ割り人形』でした。

1899年、彼はプティパ振り付けのバレエ『海賊』(Le Corsaire, サンクトペテルブルク、1899年)第二幕の有名なパ・ド・ドゥの音楽を作曲しました。ドリゴ自身が作曲を行った作品もまた有名なものでした。1900年に初演されたバレエ『百万長者の道化師』(Les Millions d’Arlequin)は、国際的な名声を得ることとなりました。同曲の中のセレナードは特に有名になり、後にベニャミーノ・ジーリのためにE・A・マリオの詞を付けた歌曲としても発表しています。ここで紹介しているドリゴノセレナーデです。

ドリゴは自主的に亡命のような状態に身を置いたものの、時折はイタリアを訪れ続けていました。最終的に1920年、彼はロシア革命後のロシアに身を置けなくなり、パドヴァへと戻ります。その後、地元の劇場のためのバレエ作品を数作作曲しています。1930年、故郷パドヴァにて逝去。84歳没。

この曲もすでに上げているものと思っていた曲です。セレナーデとついた曲で個人的には、これほど夏向きのものはないのではないかと思っています。1970年代には、トランペットの演奏でもラジオからよく流れてきた曲でもありました。

serenade – riccardo eugenio drigo
別窓では開きません

お勧め記事(一部広告含む)
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2016 All Rights Reserved.