奏法のあれこれと無料の移調楽譜がたくさん

Wind-note.com

【トランペット用無料楽譜】ドリーブ作曲「コッペリア」よりワルツ(Delibes-Coppelia Swanilda’s Waltz)Trumpet sheet music

 

サブカテゴリーの楽曲リストへ飛びます
基本的に50音順のリンクリストです




この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

楽譜のご紹介


同じ曲の
trumpet sheet music page
Flute sheet music page
Altosax sheet music page
Trombone sheet music pageへ飛ぶ

コッペリアとは

『コッペリア』(Coppélia)は、動く人形を題材としたバレエ作品、およびその人形の名前をいいます。音楽はレオ・ドリーブ(1836年2月21日 – 1891年1月16日)、振り付けはアルテュール・サン・レオン。原題は『コッペリア、あるいは琺瑯質(エナメル)の目をもつ乙女』(Coppélia, ou la Fille aux yeux d’émail)です。

パリ・オペラ座で1870年5月25日に初演され、主役スワニルダ役は当時16歳のジュゼッピーナ・ボツァッキ、フランツ役は美人バレリーナとして有名だったウジェニー・フィオクルが男装して演じました。

もともとE.T.A.ホフマンの物語『砂男』にヒントを得たもので、台本はサン・レオン自身とシャルル・ニュイッテルの手によるものです。

『砂男』は人形に恋した男の狂気性を前面に押し出した物語であるが、『コッペリア』はその狂気性を抑え、陽気で明るい喜劇として再構成されています。

この曲もよく聞かれる曲ですが、私の中のイメージとしては、落ち着いて迎えるお昼時の晴れの日という感じでしたが、今回、アップするに当たり調べてみると、そんなこととは全く関係ない曲でした。ブログでいろいろな曲を扱っているうちに、少し知恵を授かるというか、新たな発見があっていいものだなあと思う次第であります。やはり、知らないよりは知っていたほうがいいということはいろいろあるわけで、自己関与によってさらに技術の向上に直接ではないにしろ、寄与するのだということがあるそうで・・・・。
そんなこともありいの、今回もまたMIDIファイルをもとに楽譜に落とした物の紹介ですが、MIDIはやはりどこかにいってしまっていました。

演奏例

バレエ「コッペリア」より「ワルツ」(Piano Solo):ドリーブ

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

Copyright© Wind -note.com ブラスの風 , 2015 All Rights Reserved.